海外メディアが選出した最も雰囲気の素晴しいPCゲームたち

ゲームは現実から全く別の世界へと旅立たせてくれるファーストクラス級のチケットだ。海外メディアが選出したプレイヤーを創り出されたゲームの世界へと引き込み、瞬く間にその世界の住人にしてしまう素晴しい雰囲気を持つPCゲームを紹介する。

L.A. ノワール

Vdef9Kkm

1940年代のロサンゼルスを描くRockstar社が贈る本作は、細部まで作り込まれた街並みと古典的なフィルム・ノワール調の手法を用いて作られており、プレイヤーを40年代に生きた刑事へと生まれ変わらせる。

S.T.A.L.K.E.R.

Vdef9Kkm

本作の舞台である「ゾーン」は数あるゲームの中で最も雰囲気のある地域の一つだ。チェルノブイリ原発事故後の封鎖された地域で遭遇する独特の雰囲気、怪物、廃墟。終末世界系の作品を語る上で外せない作品だ。

Alien: Isolation

Vdef9Kkm

1970年の技術と雰囲気を忠実に描きつつ、隔離された宇宙ステーションを舞台に展開される映画「エイリアン2」の雰囲気をそのまま再現した本作では、忍び寄るような緊張感と恐怖感が味わえる。

Dear Esther

Vdef9Kkm

スコットランドの無人の孤島、なにか明示的な物語を掲示するわけでもなく、プレイヤーに灰色で暗く不毛な地を感じさせる作品。

Assassin’s Creed IV: Black Flag

Vdef9Kkm

昔、カリブの海賊たちが感じた海と冒険をプレイヤーに感じさせる、シリーズの中でも最も雰囲気的に作り込まれた作品。

BioShock

Vdef9Kkm

『BioShock』が描く海の下の海底都市。緑に濁った水とアール・デコ調の装飾と摩天楼。

Dark Souls

Vdef9Kkm

プレイヤーが訪れるロードランの地は、どこであってもそこに潜む歴史を感じることが出来る。神話に染まり、その神話も滅びた地。古代の失われた文明の残滓を感じ取ることが出来る作品。

DayZ

Vdef9Kkm

『S.T.A.L.K.E.R.』と同じく荒れ果てた終末世界、旧ソ連の地を描く本作。降り注ぐ日光は美しく、しかし大部分は暗い雲に覆われた大地で、雨に濡れた絶望を感じることが出来る。

DEFCON

Vdef9Kkm

核戦争後の荒廃した世界を、他の多くの作品とは別の角度から描いた本作では、一国の指導者となったプレイヤーを暗く静けさに包まれた作戦室から、世界が核によって破壊され滅び文明が終わっていく様を作戦モニターを通して見つめることになる。

Fallout 3

Vdef9Kkm

それは全てが終わった世界、核戦争後に滅び荒涼とした世界とそれを冒険する地が用意されている。

Arma 3

Vdef9Kkm

膨大な演算による照明効果によって、信じられないほどの夜間戦闘の迫真さと作り込まれたギリシャ諸島はただ歩くだけでも美しい。

Gone Home

Vdef9Kkm

外で猛威を振るっている嵐を警告するラジオと、明滅するテレビ。何気ない普通の家がFullbrightの環境アーティストの技量によってとても雰囲気のある作品として仕上がっている。

Half-Life 2

Vdef9Kkm

今なお多くの人々の心に焼き付いているValveが送り出した本作。見捨てられた通りと荒廃したソビエト調のアパートメント。描かれた虐げられる市民がそこにいる。

Hotline Miami

Vdef9Kkm

ぼんやりとした夢のようでネオンの光に包まれた空気感。80年代の猥雑なビデオの雰囲気とサウンドと暴力がプレイヤーを包み込む。

The Elder Scrolls V: Skyrim

Vdef9Kkm

雪の降り積もる山、氷原とそれを探索する喜びに溢れたBethesdaの傑作の一つ。

Take On Mars

Vdef9Kkm

どこまでも赤く不毛な火星、孤独に火星の地で探索を続ける探査機として、プレイヤーはもう一つの世界を感じることができる。

ソース:PCGamer

アート オブ バイオショック インフィニット (DARK HORSE BOOKS)
ジュリアン・マードック、ドリアン・ハート、ケン・レヴィン
一迅社
売り上げランキング: 62,480