「ぼくがゲームを作っててたいへんだったこと」

『ドラッグオンドラグーン』シリーズや『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』のディレクターとして知られる横尾太郎氏が、自身のTwitter上にて「ぼくがゲームを作っててたいへんだったこと」を投稿し話題となっている。

png large

横尾氏は「大変だと思った事の多くは自分じゃなくて他人の事。解決にはコミュニケーション能力が必要なんだけど、それが無いととても苦痛に感じる」と、作品作りを監督するディレクターという立場にたって感じた必要な能力と現実を語った。

「人をクビにするのはとても大変です、チームを最初に組む段階が大事ですね」と現実の残酷さを交えて語る横尾氏のコメントに、「これ中間管理職の悲哀だわ」などの指揮する側の苦労へのコメントが寄せられている。


ソース: Twitter, Twitter

ドラッグ オン ドラグーン3 設定資料集+ザ・コンプリートガイド

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 12,563
ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック
SMD (2010-04-21)
売り上げランキング: 834