モラルに欠けた過激なMODの出現を不安視

国内向けPC版『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』の発売日は3月31日・価格は約7000円
PC版『Dead or Alive 5 Last Round』が正式発表
発売日の迫るPC版『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』について、開発スタジオのTeam NINJAが懸念を表明した。ディレクターの新堀洋平氏がMCVに語っている。

doa5a

Team NINJAはチーム初となるPC向けのリリースに際し、過激でセクシーなゲーム内容から、コスチュームなどを変更するMODに対して「モラルを守ったMOD」の範疇に抑えるよう呼びかけている。

「PC版ユーザーには是非ともモラルとマナーを守った遊び方をして貰いたい、もしモラルに欠けたMODなどの問題が起きてしまった場合、今後はPC向けにゲームをリリースすることは出来なくなるでしょう」と新堀氏。

また、なぜ本作が通常日本のゲーム会社からは無視されがちなPCゲーム市場へ『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』を販売することにしたのかとの問いには、「ここ数年、PCゲームを取り巻く環境は大きく変わった」として、PCゲームユーザーの増加を理由に挙げた。

ようやくPC市場への参入を始めた日本企業の一歩を阻害しないためにも、PCゲーマーのモラルが問われている。

ソース:VG247