人気3DCGソフト『MikuMikuDance』がSteamに

追記12/26:
製作者の樋口優氏のTwitterにて、MMDのSteam配信へ向けた取り組みは許可していることが判明した。


原文:
様々なヴィジュアルノベルを翻訳し、海外向けに販売を行っているSkeai Projectがこの度、「MMD」として知られる人気3DCGソフトウェア『MikuMikuDance』Steam Greenlight上に登録し、ボーカロイドファンをはじめとした海外の萌えユーザーの話題となっている。


『MikuMikuDance』(みくみくだんす)は、「樋口M」こと樋口優氏が個人で開発し、自身のウェブサイト「VPVP(Vocaloid Promotion Video Project)」で無償公開しているフリーの3DCGムービー製作ツールである。


Steamにはユーザーが製作したファイルを手軽に全ユーザーと共有できる「Steam Workshop」という機能があり、これによって『MikuMikuDance』がSteam上で公開されることになった場合、ユーザー主体の3DCG制作のコミュニティがさらに活性化されるのではないかと期待されている。

しかし一方で、Steam Greenlight上の説明には「このソフトウェアはフリーフェアであり、再配布は製作者によって許可されている」と記されていることから、『MikuMikuDance』の製作者である樋口優氏はSteamで配信される可能性があることを知らないのではないかと危ぶむ声も散見されている。

記事執筆時点では樋口優氏(@Higuchi_U)がどのような意向であるかは明らかになっていない。

MikuMikuDance – Steam Greenlight