ゲーム開発者が批判的なレビューを削除しようとし炎上

Steamにて販売されているゾンビ・サバイバルホラー『Dead State』の開発スタジオ、DoubleBearが海外ユーザーを中心に炎上騒ぎとなっている。Steamに掲載された、新作に対する批判的なレビューをガイドライン違反として削除しようと試みたためだ。

炎上は、Steamユーザーの一人であるFierhorn79氏が投稿したレビューが発端となった。

前置きとして言わせて貰いたい、私はこの作品を心から応援していた支援者の一人だった。プリ早期アクセスの間も、早期アクセス期間中の間もずっとだ。DoubleBearが開発する『Dead State』を、少しでもよい作品になるように、楽しみつつベータテストに参加していた。

しかしまったく、このゲームはバグだらけでいらいらさせるばかりだ。

開発者らが公式に謝罪をするまで、このゲームを購入したり会社を支援したりなどはするべきではない。

他のゲーマーがどう思っているかは知らないが、私は最近のAAA級の開発スタジオやパブリッシャがこぞって「自慢の作品だ」などと謳いながら、全然完成もしていないゲームをフルプライスで売りつけ、バグが修正されるまでに何ヶ月も待たされることにうんざりしていた。

だからこそ私はこのゲームを信じて、より良いゲームを完成させられるように支援したいと思い、ファンとして開発に参加してきた。

しかし残念なことに迫るDoubleBearはファンを裏切る行為に走ってしまった。ホリデーシーズンのために無理矢理に正式リリースし、ゲームの完成を信じて楽しみにして買いに来る新規ユーザーを欺く手法をとったのだ。

早期アクセスユーザーからバグ報告は常に上がっており、開発者がゲームが未完成であることを知らなかったはずはない。私はなぜこのようなことをしたのか問いただすため、フォーラムにて質問を投げかけた。

するとDoubleBearは、私をフォーラムに接続することを禁止したのだ。DoubleBearの行動は、問題を明るみに出したくない人がとる行動のそれだった。私は開発者たちの正式な謝罪が行われるまで、このゲームを買うことは避けるべきだと伝えたい。

dead2

DoubleBearはこのレビューに対し、ガイドライン違反を申告することでSteam上からこの批判的なレビューを削除させようとした。

海外メディアではこの件に対し、「多少なりとも厳しい意見であったとしても、開発者はユーザーのレビューを尊重すべきであり、ましてや言論を制限するような行為は決して行ってはいけない」とまとめている。

開発者の意に沿わないレビューを削除できるようにもしもなれば、それは将来的に大きな問題をはらんでいる。


ソース:TheEccentricGamer, reddit