少女魔法学リトルウィッチロマネスク

萌え文化が続々とSteamに流入し、喜んでいるゲーマーに更なる吉報が舞い込んだ。イラストレーターとしても知られる大槍葦人氏が立ち上げたアダルトゲームブランド「Littlewitch」が製作した少女魔法学リトルウィッチロマネスクSteam Greenlightに登場し話題を集めている。

「ふたりの少女を、一人前の魔法使いに育てること」

リトルウィッチ育成アドベンチャーゲームとして製作された本作は、少女たちにレッスンを繰り返し、魔法を覚えさせ、クエストをこなしていくことで少しずつ少女を成長させていくという。作品紹介によれば、作品ボリュームは40時間以上大槍葦人氏が描く300枚以上のCG、20を超えるマルチエンディング。日本語フルボイス、英語字幕を実装するとのこと。アダルト要素は削除。


steamworkshop_webupload_previewfile_357426334_preview
jpg
littlesmple

主人公・ドミノは9人目の大魔法使いとなりました。
しかし、グリモアで暮らす他の大魔法使いたちは魔法を学問ではなく、出世するための道具としてしか見ていません。ドミノはそんな彼らに嫌気がして、ひとり帝都を離れ、辺境にある1000年以上昔から建つと言われる「黒の塔」に住むことを決意します。
しかし他の大魔法使いたちが、そんな勝手を許すはずもありません。

彼らはそれを許す条件として、ひとつの課題を持ちかけてきました。
“3年間で、一人前の魔法使いを育てること”
通常魔法使いになるには、何十年もの修行が必要です。
しかも彼が育てることになった二人――、
アリア・ヴァンクリフとカヤ・シャビエは、魔法院でももてあましていた、ひと癖もふた癖もある女の子たち。
「むちゃくちゃだ…」
果たしてドミノは、この難題をクリアすることができるのでしょうか…?


little
steamworkshop_webupload_previewfile_357426334_preview
steamworkshop_webupload_previewfile_357426334_previews
steamworkshop_webupload_previewfile_357426334_previewa
少女魔法学リトルウィッチロマネスク – Steam Greenlight