Steamがゲーム実況機能「Steam Broadcasting」を発表

ゲーム文化の一つとして急成長を続ける「ゲーム実況」を、Valveもまた見過ごしはしないようだ。全てのSteamユーザーは今後、新たに発表されたSteam Broadcasting機能を使用することで、手軽にゲーム実況を配信し、視聴することが可能となる。

「Steam > 設定 > Broadcasting > Privacy Setting」を変更することで、誰でも簡単にゲームプレイの様子を公開することが可能で、設定次第ではゲームをプレイしていない際のデスクトップを配信することも可能だ。画質やビットレートも調整可能。

実況配信の公開範囲は「招待のみ」「視聴承認者のみ」「友人のみ」「全ての人」が選べる。

steam2

現在のところSteam Broadcastingを視聴するには、Steamクライアント、Google Chrome、Safariがサポートされており、いずれかを利用する必要があるとのこと。

視聴するにはフレンドリストから見たいユーザーを右クリックし「Watch Game」をクリックするか、ユーザーのプロフィールページに表示されている「Watch Game」をクリックするだけで視聴可能。

さらに詳しい質問事項は「Steam Broadcasting Q&A」ページが解説されており、そちらに記載されている。



■視聴者画面
bro

■配信者画面
bro2

bro3

標準設定の場合、右上に現在の視聴者数や画質状況などがモニタリングされ、左上には視聴者からのチャットメッセージが表示されるようになっている。

bro4

正式版がどのような仕様になるかは不明だが、ベータ版の現在、Steamで販売されていない非Steamゲームであっても、実況配信が可能なことが確認されている。人にあまり見られたくないゲームをプレイする場合は注意が必要になりそうだ。

ソース:ShackNews