200年の時を経て蘇る、ナポレオン最後の戦い

1815年6月18日、イギリス・オランダ連合軍およびプロイセン軍が、フランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍を破り、ナポレオン最後の戦いとなった「ワーテルローの戦い」

2015年、その戦いから200周年となることを記念して、あるKickstarterプロジェクトが企画されている。

ロンドンを拠点に活動するカメラマン・Sam Faulkner氏が、来年サマセット・ハウスにてワーテルローの戦い記念展示が開催されることに伴い、写真集を製作している。

連合国とフランス、両軍の視点から細部まで当時を再現し、戦いの記憶を蘇らせる写真集だ。

large
large
large
large

派手な装飾を良しとした時代の軍服をほぼ完璧に再現し撮影された写真集は、まず1815部がプロジェクト支援者向けに刷られた後、2015年6月18日の記念展示開催に合わせて正式販売が開始される予定となっている。

写真集の仕様は216ページ、370×277mmとなっている。エッセイとしてFaulkner氏によるもの、戦史、軍装の観点から見たワーテルローの戦いを収録する予定。正式販売価格は£75を予定しているが、現在プロジェクト支援者向けには£50での提供となっており、日本への発送も受け付けている状態だ。

ナポレオンと派手な軍装の戦列歩兵たちが闊歩した時代を描く写真集、気になる方はこの機会にぜひプロジェクトの詳細を見てみてはどうだろうか。