Steamトレードの仕様が変更、Steam経済に影響大か

今までセール時などにゲームを購入しておき、トレードなどで好きなときに相手とトレードできたSteamのトレードシステムに、変更が加わった

これまではゲームをギフトとして購入した場合、決済の直後からトレードアイテムとして、取引道具に使用することが出来たが、今回の変更によって、新たにギフトとして購入したゲームは30日間トレードが不可となった。

All new games purchased as a gift and placed in the purchaser’s inventory will be untradable for 30 days. The gift may still be gifted at any time. The only change is to trading.


JXoCDxe

ギフトとして相手に送ることは直後から可能のままで、トレードのみ時間制限が加わったことになる。

この仕様変更によって今後のSteamトレードの主流は、購入から30日間インベントリに置いておくか、どちらかが先に品物を送り取引することになると予想されている。

今回の仕様が変更された経緯としては、トレード機能によって地域制限を回避したり、価格設定ミス時に大量にトレードで出回ってしまうなどを防ぐためだと考えられている。

オータムセールや年末セールが間近に迫っている中でのトレード仕様の変更が、Steamの売り上げにどれだけ影響があるか、詐欺事件がどれだけ増えてしまうのか、Steam利用者としては目が離せないこととなりそうだ。



ソース:Samurai Traders