スクエニ社員と漫画作者ら16人書類送検 他社のゲームキャラ無断使用で

他社のゲームキャラクターを漫画作品の中で無断で使ったとして、大阪府警は17日、著作権法違反容疑で、ゲームソフト「ドラゴンクエスト」などの製作で知られる漫画作品の発行元「スクウェア・エニックス」と、同社の編集・出版部門の役員や担当者15人、漫画の男性作者(35)の計16人を書類送検した。

書類送検容疑は、平成24年2月~25年12月、同社が発行する漫画誌「月刊ビッグガンガン」で連載中の漫画「ハイスコアガール」で、ゲームソフト販売・開発会社「SNKプレイモア」(大阪府吹田市)が著作権を持つ対戦型格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」や「サムライスピリッツ」などのキャラクターを、計166カ所にわたり、許諾なしに勝手に使用したとしている。

16人全員が「許諾を取っているかどうか知らなかった」などと容疑を否認。さらに作者は「スクエニ社が許諾を取ってくれていると思った」と話しているという。

アニメ化も決まっていた『ハイスコアガール』、著作権侵害容疑でスクエニが家宅捜索へ
スクウェア・エニックスがSNKプレイモアを提訴、ハイスコアガールは著作権違反ない
泥沼化していたこの件もこれで終わりかな。

スクエニも自分のところの作品が何かに使われたらすぐ駆けつけるんだし、同じことでしょう。
大手の会社だから平気だと思ったのかな?送検された全員が社員含めて知らなかったは通らない話だ。