PC版『FINAL FANTASY XIII-2』は12月11日発売に

発売がアナウンスされていたPC版『Final Fantasy XIII-2』のSteamストアページが公開され、その発売日が12月11日となることが明らかになりました。

日本語の吹き替えを選ぶことが可能なほか、『Final Fantasy XIII』移植時に手抜きと騒動になったグラフィック設定ですが、60fps動作に加え720p、1080pの解像度に対応するとのこと。

価格は約$20となっています。


日本・アジア地域配信の対応言語について
字幕・インターフェースは、日本語・中国語(繁体字)・韓国語・英語
吹き替えは、日本語
となっておりますので、ご購入される際はご注意いただきますようお願いします。

FINAL FANTASY XIII-2は、FINAL FANTASY XIIIの正統な続編です。探索する要素を強化したフィールド、モンスターを仲間に加え戦略性を増したバトル、タイムトラベルがテーマの自由に展開するストーリーなど、様々な進化を遂げています。

【注意点】
本作は、オリジナル版のFINAL FANTASY XIII-2から物語に追加や変更は加えておりません。

ダウンロードコンテンツの一部を同梱しております。

エピソード、エネミー、一部コスチュームを同梱
(武器、当時のコラボレーション衣装、購入・予約特典は除きます。)

前作のセーブデータ特典は、セーブデータの有無を問わず解放しています。

SNSの連動機能はございません。




またすでにSteamにて販売され、手抜き移植と騒動になった『Final Fantasy XIII』ですが、GameSpotによると、アップデートによりグラフィック設定が改善され、問題とされていた点は解決されるとのことなので、買い控えていた方はこの機会にプレイしていてはいかがでしょうか?

ソース:GameSpot