NVIDIA最高経営責任者「家庭用ゲーム機の時代は終わった」

GeForceで有名なNVIDIA。収益発表の場でNVIDIAの最高経営責任者・Jen-Hsun氏が今後の情勢と、ゲーミングプラットフォームについて語り、その中で「家庭用ゲーム機の黄金期は終わった」との考えを明らかにし、話題を呼んでいます。

nvidia

PCは世界最大のゲーム・プラットフォームとなった

家庭用ゲーム機に対しての考えを尋ねられた際、Jen-Hsun氏は「家庭用ゲーム機の黄金期は終わった」との考えを明かしました。

家庭用ゲーム機の黄金期は過ぎたように思える。家庭用ゲーム機という選択肢が、唯一にして明白な最良の選択肢であった時代は終わったんだ。 ゲームを楽しむために、多くの選択肢が現在は存在している。
――NVIDIA最高経営責任者・Jen-Hsun氏

Jen-Hsun氏は家庭用ゲーム機が、疑う余地なくゲームを楽しむ最良の選択であった時代があったと前置きし、今はすでにその時代ではないと語りました。

過去にはPCが最高のプラットフォームの一つであった時代が存在したが、2000年前後における初代PlayStationとXboxの登場によって、ゲーム・プラットフォームの流行は一気に彼ら二つへと流れ込んでいくこととなりました。多くの名作がPlayStationとXboxから誕生しましたが、その源流をPC用タイトルに持つものは少なくありませんでした。

nvidia2

PCは、世界最大のゲーム・プラットホームとなった。中国を始め、世界中の発展途上国でPCはすでに彼らが所有しているプラットフォームだ。PCならば、彼らは丸々買い換えをする事なく二度、三度、四度とPCをアップグレードしていくことができる。その合計コストを家庭用ゲーム機と比較して考えると、それは非常に魅力的だ。
――Jen-Hsun氏

PCが統計的にどのように家庭用ゲーム機を超える事が出来たのかについて、Jen-Hsun氏は中国について言及し、人口の多い中国においてPCが主要なプラットフォームとなり得た理由として、家庭用ゲーム機に対して中国では厳しい規制が行われていたことを挙げました。

我々は今後もPCがゲーム・プラットフォームとしての成長を続けていくと予測している。多くの大作と呼ばれるゲームがPCでも発売されるようになってきているし、各作品の品質も急速に進化を続けている。
――Jen-Hsun氏

最後にJen-Hsun氏はPCという最高の能力を持つプラットフォームに、あらゆる種類の革新が起きていると語り、PCだけでなくAndroidをはじめとしたモバイル・ゲーム・プラットフォームが爆発的に進化していくだろう今後についても触れ、回答を締めくくりとしました。
ソース:WCCF-Tech