EAが新作MOBA『Dawngate』の開発をキャンセルすると明らかに

2013年の中頃にMOBAジャンルの新作として発表された『Dawngate』。すでに同ジャンルにて大作としての立ち位置を築いていた『League of Legends』や『Dota 2』への対抗馬になるかと期待されていた本作ですが、本日EAによって開発のキャンセルがアナウンスされました。

dawngate2

グループのゼネラルマネージャーを務めるMatt Bromberg氏は『Dawngate』について、「我々は単に既存のMOBAゲームのクローンでなく、本当に様々な点でジャンルを推進するものとしてゲームを開発していた」と発言しましたが、18ヵ月の間続けられていたベータ・テストにおいて、望んでいた進展が得られなかったとも述べ、今回の決定に至った経緯を語っています。

「これは我々が欲しかった結果でありません。しかしベータ・テストは学び改善、そしてその後に、作品が進行する方法について決定をすることだ」とBromberg氏は続けました。

現在続いている『Dawngate』のオープン・ベータは、今後90日間は運営が続けられる予定です。また、開発を行っていたWaystone Gamesのレイオフが今回の決定と関連があるかは明らかになっていません。

ソース:PCgamer