海外の開発者がゲイブ・ニューウェルへ殺害予告、ゲームがSteamから撤去される

海外のとある開発者がValveとのいざこざの中でヘッドであるゲイブ・ニューウェルへと殺害予告をツイートし、ゲームがSteamから撤去されたとのニュースが報じられています。

問題の人物はFPS『Paranautical Activity』を開発したMike Mulbeck氏。Mulbeck氏はこの事実を認めており、「自分の人生数年をかけたプロジェクトなんだ、Valveによる失敗にとても苛立っていた」と釈明しています。

Mulbeck氏の報告によれば、『Paranautical Activity』の発売がValve側の都合によりズレ込んだほか、発売開始時に誤って「早期アクセス」にカテゴライズされたとのこと。彼はTwitter上にて「クソSteamが俺から金をブン取りやがって。俺のゲームをクソ早期アクセスだと間違えて伝えやがって」などと口汚く罵ったあと、「ゲイブニューウェルを殺してやる。奴は死ぬ」と問題のツイートを発信しました。

この件に関してValveは、殺害予告を受けてゲームの販売ページを削除し開発者との関係を打ち切ったとコメントし、今回の騒動があったことを認めています。

ゲーム開発は大変らしいからなぁ、苛立つのは分かるけど早まっちゃったね。

すでにページは消えているけど、『Paranautical Activity』のキャッシュが残っていたのでキャプチャ。
たしかに早期アクセス扱いで販売されていたようだ。

2014-10-21_142256

追記:今回の事件は、早期アクセスから通常販売へ切り替えを開発者が申請したところ、
Steamの対応が遅かったため、苛立ち殺害予告をしてしまったという流れの模様。

現在、『Paranautical Activity』はDesuraなどで購入可能。
Steamでもしギフトで持っている人がいれば、値段が高騰していきそうだ。