Special thanks to Rush and rate-dat[TJ]
■目次

壁紙を利用したSteamプロフィール画面のカスタマイズ

PCゲーマーなら必須のプラットフォーム「Steam」が最近、プロフィールカスタマイズ機能にも大きく力を入れている。
プロフィールを着飾る自由度が広がれば、独自の自分らしさや趣味のアピールに凝ってみたくなるのが性である。

今回は背景画像とプロフィールショーケース欄を使った、Steamプロフィールを一枚の絵のようにカスタマイズする方法を紹介したい。

前置き

top2

今回の記事の元ネタはRush氏による海外投稿の翻訳解説記事。
http://steamcommunity.com/groups/grjp#announcements/detail/184968175198636944

カスタマイズ方法を紹介する前に、必須の条件があります。それが以下。
※プロフィールショーケースの利用には最低SteamLevelが10以上必要です。レベル10~19でショーケース1つ、20~29で2つと、レベル10毎に利用可能なショーケースが増えます。

画像を自分のプロフィールに掲載するためには、最低でもSteamレベルを10以上にする必要があります。
Steamレベルは、Steamバッジの作成などでレベルを上げることが可能なのでレベル10までは上げてください。

現状の注意点

  1. 1920*1200以外のサイズだとズレる
    Steamクライアント側の拡大と縮小のメソッドが良く分からないため上記のサイズ以外だとズレます。
    このため、この解説は1920*1200の背景を利用しています。

  2. 多少の画像知識が必須
    Photoshopが使えればこのガイド通りにやれば簡単です。
    Photoshop以外だとレイヤーを扱える編集ツールが必須となります。
    (GIMPやPaint.netなど)

  3. アクティビティ枠を4つ以上消費する
    フレンドにアクティビティで上げた画像が4枠以上流れますのでちゃんと説明しないとスパムっぽくなります。
    ちゃんと説明して紹介しましょう。

事前準備(必要なもの)

  • Steam Lv.10以上
  • Photoshop 或いは レイヤーでの加工が可能な画像編集ツール
  • Obtaining the shotsのガイド画像
  • アクティビティを4つ以上流す覚悟

Photoshopを利用する人向けガイド

  1. ガイド画像を開く

    上記のガイドの画像に既にスライスを打ったPSDを用意しましたので非常に簡単です。
    (PSDのダウンロードはこちらになります。: ダウンロード

    PhotoshopOpen


  2. レイヤーに背景画像を配置する

    PhotoshopSave

    下部レイヤーに擬似透過したい保存したい画像を配置。
    (この時に1920*1200以外のサイズだとズレますので1920*1200の画像を選ぶようにして下さい。)

    Photoshopの基本操作ですがCtrl+Shift+Nで新規レイヤーです。
    配置出来たら画像の通り「Web用に画像を保存」を選んでください。

  3. 画像を切り出す

    PhotoshopWeb

    画像の通りです。特に難しい事は無いかと思います。
    デフォルトで画像部分以外はスライスされない様にはしてありますので必要な画像部分は自分で指定して下さい。
    保存した場合、保存したフォルダの中にImageと言うフォルダが新規作成されて、その中に保存されます。

  4. Steam プロフィールで設定する

    SteamCommu

    なお、二通りの方法がありますが一番簡単なワークショップを利用した公開方法を解説します。
    上の画像通り何のゲームでもいいのでコミュニティハブを選択して下さい。

    SteamWorkS

    コミュニティハブの作品タブから作品をアップロードするを選択。

    SteamWorkS2

    分かりやすい名前を付けて自分のプロフィールに保存を選択して下さい。

    SteamProfW

    すると自身のプロフィールに作品と言う項目が出来るので選択し、残りの三枚も同じようにアップして下さい。

  5. 設定する

    SteamProfW2

    プロフィールを編集しショーケースに作品ショーケースを選び、先ほどアップロードした画像を該当位置にはめ込みます。
    最後に編集を保存のボタンを押すのを忘れないで下さい。
    以上となります。

完成図

fin

おまけ

今回背景画像に使用している作品は『Transistor』、『Bastion』クリエーターによる SF アクション RPG。