「Pixlr-o-matic」

写真にフィルターをかけて、何気ないちょっとした写真が一気に高級感ある雰囲気に加工できて、
手軽に仲間にそれを公開できる写真系SNS「Instagram」、格好いいよね。憧れる。

でも「SNSとかめんどくさいし、写真を加工する工程だけが使ってみたい」、そんな人多いよね。僕もそうだ。

そんな人にお勧めしたいのが「Pixlr-o-matic」

ブラウザ上で写真をアップロードして、特別なソフトをDLしたりせずにブラウザ上でフィルターや枠組みなどの装飾をクリックしていって、お手軽に写真を加工できちゃう無料サービス。できあがった写真もInstagram顔負けのリッチな感じに仕上げてくれます。もちろんダウンロードも出来るので、手軽にハイダイナミックレンジな写真を作ってみたい方はぜひ試してみてください。

まずは便利サイトへとアクセス!

title

今回紹介する便利サイト「Pixlr-o-matic」、さっそくアクセスしてみましょう!
http://apps.pixlr.com/o-matic/

加工したい画像をアップロード

2014-10-02_123934

赤丸で囲んだ部分から、切り抜きたい画像をアップロードします。
今回、加工テストしてみるのは、飛行機からの景色を写した写真で試してみます。

用意した画像がこちらです、日本のどこか上空だったはず。
photo1

フィルター選択画面

set

画像のアップロードが終わると、自動的に上記画像のようなページに変わり、フィルター選択画面になります。
まだ写真の現像がフィルムを利用していた頃のテイストで、現像液に浸った設定なので少し見づらいです。

2014-10-02_124932

フィルターの種類は標準で用意されているものが30種類ほど、さらにカスタマイズして自分だけのフィルターを作ることも出来ます。

josh

試しに「Josh」というフィルターを適用してみるとこんな感じに。
一目で加工と分かりますが、色調が何ともいえない高級感で良い感じですね。

今回は「やたら綺麗だけど、偶然撮れちゃったんだよねー」みたいにいきたいので「Hagrid」を適用します。

2014-10-02_125527

続いては特殊エフェクトを選択してみましょう、右下部分のボタンを押せば次へ進みます。
もしこの時点で加工を終了したい場合は、「Save」ボタンを押すことで保存してダウンロードできます。

2014-10-02_125702

特殊エフェクトを選択

2014-10-02_130112

特殊フィルターの選択画面では、フィルター選択で行ったような色調の変更以外の、
エフェクトグラフィックを上からかぶせてやることが出来ます。

なかなかクセが強いので、センスが求められそうです。
テキスト主体のゲームなんかの背景になりそうだなんて、ゲーマーとしてちょっと思ったり。

2014-10-02_130505

今回は硬質感を出してみようかと「Metal」を適用してみました。

枠組みを選択

2014-10-02_130759

枠組みを選択することで、「年代物感の演出」だったり「ファンシーな雰囲気の演出」なんかができます。
もしサバゲー趣味の方が自身を写して加工すれば、どこの戦場で撮った写真なの?なんてなるような写真も作れそうです。

今回、なんとなく物語のワンシーンみたいな雰囲気になってきたので「Film」を選択して、
洋画でありそうな感じにしてみました。モノローグ系の字幕がついていたら似合ってそうに仕上がりました。

完成と保存

2014-10-02_131442

ようやく完成した写真、「Computer」と書いたボタンをクリックすればダウンロードして保存できます。
もしフィルターやエフェクトを変えたいと思った場合は、左下部のボタンを押せば行えます。

そして完成したのが下記の画像!どうでしょうか?なかなか何かの物語に出てきそうじゃないでしょうか?

film
photo1

元画像と比較すると、雰囲気が別物、これは上手く使うと化けそうですね。
スマートフォン用のアプリとして、各OS用に配信もされているようなので、スマホでも気軽に使えるようで便利すぎますね。