マイクロソフト、Mojangを2500億円で買収

マイクロソフト、『Minecraft』のMojangを2500億円で買収・・・全プラットフォームに提供していく
http://www.inside-games.jp/article/2014/09/15/80557.html

マイクロソフトが『Minecraft』の開発元でスウェーデンのMojangを買収しました。買収額は25億ドル(約2500億円)。

Mojangは公式サイトで、『Minecraft』がこのような巨大なフランチャイズに成長したことは喜ばしいものの、Mojangにとっても、生みの親で同社筆頭株主のノッチ氏にとっても、『Minecraft』を所有していることは一クリエイターとしては過剰な重みになっていた、と振り返り、ここ数年間緊密に働いてきたマイクロソフトは非常に献身的でこのフランチャイズを更に成長させるために最適なパートナーだったとしています。なお、ノッチと2人の創業者は会社を離れるとのこと。

Mojangはマイクロソフトスタジオに加わる一方で、同社は「全てのプラットフォームで『Minecraft』を遊べるようにする」とプレスリリースの中で述べていて、プレイステーションやiOSなどのプラットフォーム向けタイトルにも変更が無いようです。Mojangも同様の見解を示しています。

『マインクラフト』生みの親ノッチ ― Mojangを去る理由とは

私は自分自身を本物のゲーム開発者として見なしていません。大ヒットさせるためにゲームを作っているわけではありません。『マインクラフト』は確かに大ヒットして、人々はそれがゲームのあり方を変えたと私に言いました。そんなつもりも決してありませんでした。

私は自分自身のファンと繋がりがないことに気付き始めました。あると思っていたのですが。私は「シンボル/象徴」になっていたのです。自分に理解できず、もはや関わっていないのに度々追いかけてくる、何かとても大きな物への責任を抱えた「シンボル」にはなりたくありません。私はTwitterで自分の意見を言いたいだけのオタクなコンピュータープログラマーです。

皆さんの多くは、私がある種の奮闘するシンボルに見立てているのも認識しています。それは違います。私は、すぐそこで皆さんと一緒に奮闘している「人」です。

お金のためではありません。私の正気のためです。

MSに買収されたことで、ビッグタイトルがさらに大きな流通経路を持つことは喜ばしい。
けれどフラッピーバードの開発者と同じように、あまりにも大きな注目を浴びる作品を作ってしまった開発者は、シンボルとして個人の人格を超えた存在に祭り上げられてしまうことに苦しんでしまうのかね。

ただ純粋にゲームを作ることだけをしていたい開発者が、外部の大きな注目でつぶれるようなことにはならないでほしいね。

Minecraft PlayStation 3 Edition(北米版)
Sony Computer Entertainment(World) (2014-05-16)
売り上げランキング: 39
Minecraft – Pocket Edition
Minecraft – Pocket Edition
posted with amazlet at 14.09.17
Mojang (2012-09-13)
売り上げランキング: 1