■目次

【2015/12/24版】:Webカメラを使って美少女になりきれる『FaceRig』の使い方

そもそも「FaceRig」とは?

FaceRigとは、TwitchやSkypeなどに対応した配信プラットフォーム用Webカメラアプリです。このソフトは「プレイヤーの表情と頭部の動きを3Dアバターに反映する」機能が特徴で、Steamにて配信中。

「FaceRig」の紹介記事

今回はFaceRigの簡単な使い方と設定方法、Skypeなどでの配信方法についての流れを紹介します。ちなみに今回使用しているWebカメラは「LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270」、安いのに性能は十分ダヨ!

まずはFaceRigを起動する

wbCameraFaceRig1

ソフトを起動した後、表示される注意事項などをスキップしていきます。カメラの位置はなるべく目線の高さに合わせて、被写体は画面の中央に収まる程度、遠すぎず近すぎず。

メニューバーの各項目の紹介

※春香ちゃんの部分にはカメラからの映像が表示されています。

※春香ちゃんの部分にはカメラからの映像が表示されています。

起動が終了すると、自動で顔認識が始まりアバターによる表情とレースが開始されます。

wbCameraFaceRig3
  • Toggle Hide Interface : メニューバーの表示非表示の切り替え
  • Load Performance : 録画したアバターのトレース記録をロード
  • Record Performance : アバターのトレースを録画開始
  • Toggle Face Tracking : アバターの顔認識によるトレースするしないの切り替え
  • Toggle Lipsync : 口唇の同期のオンオフの切り替え
  • Toggle Pic Mode : 画面の表示モードの切り替え
  • Reset Face Tracker : 顔認識のやり直し
  • Toggle Sound Roopback : マイクからの音声を再生する
  • Toggle Broadcast : 配信の切り替え
  • Toggle Avatar Look at Camera : アバターの目線を中央に固定

上部のメニューバーでは主に機能のオンオフを、右側のサイドメニューバーではアバターなどの設定が可能です。

アバターの種類や背景を変更する

wbCameraFaceRig4

サイドメニューバーから「Choose Avatar and Background Chooser」を選択することで、
初期のアライグマから美少女、ガチムチや悪魔などに変更が出来ます。

アバターの表示位置を変更する

wbCameraFaceRig5

サイドメニューバーから「Avatar Customization」を選択することで、アバターの表示位置を上下左右、近く遠くに変更が出来ます。ちなみにこの設定項目によって、アバターの瞳の色などの詳細な変更も可能です。

使用するカメラやマイクなどのデバイスを変更する

wbCameraFaceRig6

サイドメニューバーから「General Options」を選択することで、使用するデバイスを変更できます。初期状態ではすべて標準となっているデバイスが選択されているはずですが、「このソフトでは違うものを利用したい」という時に利用します。

ちなみに当環境ではカメラは「C270」、マイクは「AT2020」を利用しています。

SkypeでFaceRigを利用する方法

wbCameraFaceRig7

Skypeの設定画面から「ビデオ設定」>「Webカメラを選択」という項目を「FaceRig Virtual Camera」にします。このままではまだ上記画像のようにロゴマーク以外なにも表示されません。

wbCameraFaceRig8

そこで、上部メニューバーにある「Toggle Broadcast」をオンにします。

wbCameraFaceRig9

すると先ほどまでロゴマークだった部分が、リアルタイムのアバター映像に変わります。このまま設定を保存すると、その後はFaceRigを使ってビデオチャットをすることが可能になります。

おまけ:舌を動かしてレロレロする

wbCameraFaceRig10

初期の状態では、口の動きを再現することは出来ても舌の動きをさせることはできません。しかし以下の手法で、トレースは出来ませんがアバターに舌を出させることは出来ます。

サイドメニューバーから「Avatar Customization」を選択することで、レロレロすることができます。表示されたタブメニューの中から「Special Action」>「Tongue」をEnableにチェックを入れるだけです。

これによりマウスでクリックしている間、舌を出し、上下左右に舌を動かすことが出来ます。レロレロ!マウス以外にもキーボードやコントローラーでの操作も可能です。

「Midori-chan」でやるとすっごいかわいいですねぇぇぇ。。。



以上、簡単でしたがFaceRigの使い方の紹介を終わりにします。アバターの色の設定やパーツの大きさ、感度の大小など設定項目は多岐にわたるので、お好みの設定を探すことも一興かと思います。今後もアバターは追加予定だそうなので楽しみですね!

プレイヤーの表情と動きを3Dアバターに再現する、実況配信などに使える『Facerig』が凄い