DOTA2世界大会『The International 4』王者Newbeeの獲得賞金約5億円の配分が明らかに、
アメリカ政府30%、チーム10%、選手60%
http://www.negitaku.org/news/18535/

DOTA2世界大会『The International 4』王者 Newbeeの獲得賞金 約5億円の配分が明らかにされました。

『The International 4』王者 Newbeeの賞金配分

この情報は、Newbee の CEO を務める CEO が中国のSNSで明らかにしたものとのことで、賞金の配分は下記のようになります。

  • 獲得賞金額: $5,028,308 (約5億1168万円, $1=101.76円)
    • アメリカ政府 (30%) $1,508,492 (約1億5350万円)
    • Newbee (組織) (10%) $5,028,30 (約5116万円)
    • 選手 (60%) $3,016,984 (約3億700万円)
      • 選手1人あたり: $60,3396 (約6140万円)
約5億円を選手5人で配分、というようなイメージを持っている方が多いと思いますが、まずアメリカ政府が税金として30%を徴収

そして、チームとしての取り分が10%、選手が残りを配分とのこと。プロチームがどのようにして賞金を分配するのかがわかった面白い事例です。もちろん、これはそれぞれのチームによって違うと思いますが。

選手の取り分がかなり減ったように見えますが、中国の年収は下記の通り約30万円超とのことなので、この大会だけで約200年分ほどの収入を得た計算になります。

newbee

史上最高賞金額の『Dota2』世界大会、Newbeeが優勝!ピーク時の観戦者数は60万人以上に

賞金金額ばかりが注目されがちだけど、その後のお金の配分方法はあまり明らかになっていなかったから興味深いね。
それにしても税金で30%持って行かれるのかぁ。宝くじでも同じ話聞くよね、半分しか残らないって。

税金で大量に持って行かれたといっても、年収200年分のお金を入手できたっていうんだから、
一攫千金でプロゲーマーとして本気で取り組む理由も分かるね。そりゃ本気になるわ。