コミックス版『ブレイクブレイド』の紹介とレビューです。
ネタバレはありません。

ストーリー

運命に、抗おう――
人々が生まれつき“魔力”を持つ世界「クルゾン大陸」。
そんな世において希少な“魔力を持たない”存在のライガットは、
旧友であるクリシュナ国王・ホズルに呼び出されたことをきっかけに、戦乱の渦へと巻き込まれていく――。
堅い友情で結ばれたライガット、ゼス、ホズル、シギュンの4人を待ち受ける残酷な運命とは……。

作品情報

国家の思惑と戦争の中で、友情で結ばれていたはずの友たちは、互いに争う事しかできないのか……!?
人々が内在する魔力をレンズと呼ばれる触媒で顕在化させ、エネルギーとする世界のクルゾン大陸で巻き起こる資源戦争。戦闘兵器魔動巨兵ゴゥレムによる戦乱は激化していた。

魔力を持たないライガットは、発掘された古代のゴゥレムにふとしたことから乗り込み、戦乱の渦に巻き込まれていく…!
魔力のないライガットが何故ゴゥレムを動かせるのか?
そして敵・味方に別れ争うこととなった友情の行方は…?

友情と戦争の間で葛藤する若者達の姿と、重厚なメカアクションが見事に融合したスペクタクル戦記ロマン!!
0007-p6
戦闘兵器魔動巨兵ゴゥレム

どんな作品か

ざっくり簡単に言ってしまうのならば「巨大ロボットを用いた国家間の戦争」を描いた作品。
1人だけ魔力を持たない主人公のみが扱える、古代の兵器。

設定はよくあるものだが、主人公が英雄的な働きでバンバン戦況を変えていくような英雄譚ではない
銃弾を受ければ当然その装甲は傷を負い砕けるし、命の保証なんてどこにもない。
他の兵士たちと登場する兵器がほんの少し違うだけ、程度に留まり命のやり取りの緊迫感がいいです。

03
原作での戦いの一幕

さらに特徴を挙げるならば、この作品のキャラクターはとにかく魅力的!
深く生い立ちなどは掘り下げていかないのですが、みな活き活きしていて存在感がある。
だがこれは先述したように英雄譚ではなく、単なる兵士たちの物語。
これから物語に深く関わってくるものだとばかり思っていたキャラクターでさえも、
次の戦闘であっけなく被弾し、死に退場していく。

0017-p17
劇場版より、都を守る将軍の搭乗機

個人は所詮個人に過ぎず、全体の前では無に等しい

誰にも戦況を大きく覆すような力はなく、一戦一戦を死に物狂いで生き抜き戦い抜いていく。
家族や友、国家のために戦う人たちの意思がほんの少しづつ影響を及ぼし合う戦いです。

こんな人におすすめ!

「主人公グループだけは何があっても生き残る!」なんてことはなく、双方がバタバタと死んでいく
そういう甘くない緊迫感のある戦いや物語が好きな人ならば、この作品はうってつけだろう。
射撃武器の性能に制限がある戦いで、白兵戦が主体となる本作の戦いがさらに盛り上げる。

メカデザインや戦闘の迫力度などは、文句なし!
アーマードコア』みたいな作品が好きな自分にとっては興奮高鳴りっぱなしで、
一気に全巻セットを購入してしまいました。

描き下ろしや加筆修正がふんだんに盛り込まれた新装版の発売もありますし、
今から読み始めるのも決して遅くありません。ぜひ読んでみてくださいね!
公式サイトにて立ち読みできたはず!

ブレイクブレイド(12) (メテオCOMICS)
吉永裕ノ介
ほるぷ出版
劇場版 ブレイク ブレイド 第一章 覚醒ノ刻 [Broken Blade Vol.1] [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2010-07-23)
売り上げランキング: 22,185
RIOBOT 01 デルフィング 第二形態
千値練 (2010-09-30)
売り上げランキング: 10,259