130911mamashortfilm
  1. 電気、明かりを失う恐怖
  2. 母性を得てしまった悪霊の行き着く先は
  3. 暗闇を弄ぶなんてことは、何があってもしてはいけない
  4. 暗い水中、視界ゼロの恐怖

電気、明かりを失う恐怖



『Lights Out』

一瞬「あれ? 見間違いかな…」と思って何度も電気を付けたり消したりしてしまううちに・・・。

電気を消すのが怖くなるホラーショートフィルム。
このフィルムはネット上で急激に話題になった理由は…、観てもらえれば分かります。


母性を得てしまった悪霊の行き着く先は



50秒前後から開始

『MAMA』

人気の無い森の中の家で見つかったふたりの少女。死んだと思われていた彼女達は、野生児と化してふたりだけで生きていた。幼い子供が、どうやってこれまで生きてきたのか…? 医師達はふたりが「ママ」の妄想を抱いて生活してきたことを知る。しかし、空想の人物だと思っていた「ママ」は存在していた。母性を究極に歪めた邪悪な姿をして…。

「ママが戻ってきた! 逃げなくちゃ!」と慌てる子供たち。でも、逃げられるわけない。
だって、相手は「ママ」だから。


暗闇を弄ぶなんてことは、何があってもしてはいけない



『Click』

ゾクゾクする怖さを感じさせるショートフィルム『Click』。人が潜在的に恐怖心を抱いている「暗闇」に焦点を当てており、見終わると何だか部屋を明るくしたくなる衝動に駆られます。

登場するのは、廃墟と子供と電気のスイッチ。たったそれだけなのに、何をするか分からない粋がった子供たちの行動と、無機質なスイッチの音、交互に映し出される漆黒の闇と薄汚れた部屋が、胸騒ぎのような、嫌な気分にさせます。


暗い水中、視界ゼロの恐怖



『One Last Dive』

ジェイソン・イースナーさんが脚本、監督、編集を手がけたショートホラームービー、
思わず飛び上がる、1分間の恐怖映像。


短いながらもぞくぞくするショートムービー。
夏以外に見てもやっぱり怖いですわ。

おまけ: ホラー映画に登場する子どもたちだけを集めた学校の日常