img7400_01

目次


基本情報

img8671_05
  • 国内発売はPC/PS3/Xbox 360向けは2013年11月7日、PS4版は2014年2月22日、Xbox One版は発売日未定
    (商品ページリンク: PS4版PS3版PC版Xbox360版
  • PC/PS4/Xbox One版は64人プレイヤー+指揮官2人の計66人プレイが可能で、60fps動作。
    PS3/Xbox 360版は24人プレイヤー+指揮官2人の計26人プレイが可能で、30fps動作。
  • 対戦とeSportsのさらなるサポートを図るため、Spectatorモードが実装される。
    実装されるモード: テーブルトップビュー, 一人称視点ビュー, 三人称視点ビュー, Code Cam
    マルチプレイヤーモードの観戦の様子

  • プレイヤーはBF4のマルチプレイヤーサーバをレンタル可能。
  • サーバAdminが全マップのプレイ勢力を任意に選択可能となる。
    (例:アメリカvs中国、或いはアメリカvsロシア、ロシアvs中国戦)
  • サーバAdminがマップにダイナミックな天候エフェクトを設定可能
    (例:海上の濃厚な霧や激しい雨など)
  • 拡張パックは全5種類
    『China Rising』『Second Assault』『Naval Strike』『Dragon’s Teeth』『Final Stand』

マルチプレイの特徴

img8090_04
  • リアルタイムでインタラクティブな環境の変化を特色とし、陸・海・空のビークル戦闘を特色とする。
    天候の変化は発射された弾丸の強さや弾道に影響を与えない。
    強風もヘリコプターを始めとするビークルの操作には影響を与えない。
    水中で発射された弾丸については影響を考慮している。

  • 高層ビルの倒壊など、ダイナミックな環境変化を実装。マッチの進行状況によって倒壊する訳ではなく、支柱に一定以上のダメージを与えるなどの条件で倒壊する。その場合、付近には大量の瓦礫や粉塵が発生し視界が悪化する。
  • 超高層ビルの倒壊から、敵の気をそらすために射撃可能な消火器、ビル内部に存在する敵の視界を奪うために電力供給を遮るといった要素など、全てのマップに大小様々な要素を実装
  • 分隊のメンバー数は5人。
  • 中国がプレイ可能な勢力として登場。
  • ナイフ攻撃はカウンター/防御可能
  • 泳ぎながらスプリント可能なだけでなく、水中のピストル使用や水中へ潜る行動も可能
  • 新モードObliterationは、ランダムにスポーンする爆発物を巡る争奪戦

  • 制圧射撃に調整が加えられ、LMGとスナイパーライフル以外の効果が弱体化し、距離に依存するようになった。
  • サプレッションのビジュアル効果が変更され、射撃精度ペナルティではなく、スコープの揺れエフェクトが加えられるよう変更された。これにより熟練したプレイヤーはサプレッション下でも目標に命中させることが可能となっている。
  • タクティカルライトはADS時に自動でライトが点灯する。
  • 戦闘機と飛行機では、飛行可能な高度に差別化が図られている。
  • ヘリによる高高度キャンプによる一方的な殺戮へは、対策が講じられた。

  • 現世代機でプレイし、その後次世代機版を購入した場合、マルチプレイヤーの各種記録が移行可能。
    この移行はPS3からPS4へ、もしくはXbox 360からXbox Oneへの同系コンソールとなる。
大規模な戦闘シーン
バトルフィールド4: 公式 “Siege of Shanghai” マルチプレイ トレーラー

実装されるゲームモードに関する情報

bf4
  • ローンチ時には以下の7モードが実装される。
    • Team Deathmatch : 全機種20人。Commanderモード非対応。
    • Squad Deathmatch : 全機種16人。Commanderモード対応。
    • Rush : PS3、Xbox 360は24人、PC、PS4、Xbox Oneは32人。Commanderモード対応。
    • Domination : 全機種20人。Commanderモード非対応。
    • Conquest : PS3、Xbox 360は24人、PC、PS4、Xbox Oneは64人。Commanderモード対応。
    • Defuse(歩兵戦にフォーカスしたスピーディなモードで、死亡した場合には次ラウンドまでリスポーン無し) :
      全機種5人対5人。Commanderモード非対応。
    • Obliteration(マップに1つ存在する爆弾を奪い合い、敵施設の破壊を競う、爆弾は爆発後にリスポーンし、3つの施設を全て爆破したチームが勝利となる) : PS3、Xbox 360は24人、PC、PS4、Xbox Oneは32人。Commanderモード対応。
  • この7モードは、ゲームのローンチ時に利用可能なマルチプレイヤーマップ10種で全て利用可能

バトルフィールド4 Premiumの特典に関する情報

bf4
  • 5つの拡張パックへの2週間先行アクセス権が与えられる。
  • プレミアムサービス限定のエムブレムなどカスタム要素の付与。
  • ゲームサーバへの優先参加権
  • BF3のような週替りのコンテンツの配布
  • 限定ダブルXPイベントへの参加権
  • マルチプレイを支援する「バトルパック」を12個支給

“Battlepack”に関する情報

img9128_03
  • “Battlepack”はゲーム中に得られる、武器用アクセサリやXPブーストといったコンテンツのバンドルを指し、
    以下の様なコンテンツが含まれる。
    • ナイフ
    • ドッグタグ
    • 兵士用のカモフラージュ
    • 武器/ビークル用ペイント
    • 経験値ブースト
    • 武器アクセサリ
    • 兵士用のポートレイト
    • Battlelog用のエンブレム
  • “Battlepack”から得られるアイテムには、4種類のレア度が固有のカラーと共に設定されている。
    最もレアなカテゴリは“Distinguished(オレンジ)”で、Battlefield 4 Premiumに同梱される。
    • Standard(グレー)
    • Advanced(白)
    • Superior(ブルー)
    • Distinguished(オレンジ)
  • “Battlepack”には以下の4種が存在する。
    • Bronze:3種のアイテムを同梱、うち2種はStandard品で、残る1つがAdvanced品となる可能性を持つ。
    • Silver:Bronzeに比べ、同梱されるアイテムの数が増加しアイテムのレア度が良質となる。
    • Gold:Silverに比べ、同梱されるアイテムの数が増加しアイテムのレア度が良質となる。
    • Weapon Pack:特定の武器フォーカスした武器アクセサリが同梱される。
  • “Battlepack”はランクアップ時や武器成長の進行時などに入手できる。

クラスへの大きな変更点に関する情報

img8619_03
  • エンジニアは、対ビークル武器により多くのバリエーションが与えられ、ビークルの無効化と誘導兵器のシステムが改良された。
  • サポートが、新たにC4とクレイモアを使用可能。
  • リコンは、C4或いはクレイモアが使用可能。
  • スナイパーライフルのバランス調整が図られサイトの取り外しや追加のオプティクス、アクセサリ等が選択可能。
  • アサルトは引き続きMed kitsと除細動器を備える。また部屋のクリアリングをサポートする40mm Flash Bang弾が使用可能となる。
  • 除細動器の使用には4~5秒程度のチャージが必要

新要素“Field Upgrade”に関する情報

img8619_05
  • “Field Upgrade”は、Battlefield 2142に導入されていた同名の分隊用アップグレードに似たシステム。
    携行可能な弾薬数の増加といった効果を含むBattlefield 3のSpecializationに似ている。
  • 分隊に基づくチームプレイ行動に対し、個々の報酬を与えることを目的にした機能である。
  • 全分隊メンバーが死亡した場合、アップグレードパスのプログレッションのうち幾らかが失われる。

  • 補給や修理、治療といった分隊アクションを行うことで4つのアップグレードが順に得られる。
  • 各クラスにそれぞれに選択可能な4種のアップグレードパスが用意されている。
  • うち2つは何れのクラスも利用可能な“Offense”と“Defense”にフォーカスしたパス。
  • この2種以外は各クラス向けアップグレードパスで、例えば対戦車兵として特化するアップグレードなどがある。

司令官モードに関する情報

img8090_09
  • 司令官は戦場全体を見渡すことが可能な唯一のプレイヤー。各種指示や前線へのサポートを実行可能。
  • 利用可能なサポート1:味方兵士に必要不可欠な情報の収集と、不利な情報の隠匿。
  • 利用可能なサポート2:車両や補給物資を投下する事によってチームの継続的な戦闘を支援。
  • 利用可能なサポート3:ガンシップの出撃やトマホークミサイルを含む敵チームへの直接的な攻撃。
  • コマンダーモードはタブレットからもプレイ可能。

  • 司令官には経験値の獲得により進行するスキルツリーが用意されている。
  • プレイヤーは指揮官に対しトマホークミサイルやEMP、ガンシップなどを要請できる。
  • 司令官は各分隊に指示をだすことが可能で、分隊がそれに従った場合、双方にXPが入る。
  • XPの獲得により、司令官は弾薬やビークルの投下といった兵士へのサポートが可能となる。
  • 司令官同士は互いに行動を妨害することが可能で、信号の妨害など対抗手段が用意されている。
  • 分隊リーダーは司令官をキックし、新しい司令官を迎えるための投票を開始することが出来る。
バトルフィールド 4:公式”コマンダーモード” トレーラー

“Battlelog”に関する情報

img8145_01
  • タブレットとスマートフォン、PCからアクセス可能。
  • ゲーム中はBattlelogをいつでもオーバーレイ表示させることが可能。
  • インゲームのBattlelogは、プレイヤーの統計やフレンドの状況確認、ゲームへの参加が可能なほか、プレイ中のマッチにおける分隊メンバーのプロフィールなども確認可能。さらにスコアボードの確認やミッションの作成などもここから実行可能。

  • Statsやアンロックの確認だけでなくロードアウトの調整が可能、変更がゲームに即時適用される。
  • モバイルデバイスをプレイ中のゲームに接続し、ミニマップや分隊メンバーの情報などを表示するセカンドスクリーンとして利用できるだけでなく、攻撃目標の指示も可能。
バトルフィールド 4:公式Battlelog紹介ビデオ

キャンペーンに関する情報

img8399_03
  • プレイヤーはTombstone分隊のSergeant Daniel Reckerとして、中国の危険な状況により混乱の瀬戸際に瀕する世界の平和を取り戻すために戦う。
  • アゼルバイジャンの首都Bakuを舞台とするミッションは、亡命を望んだロシア将校から情報を得ることを目的としており、これを妨害するロシア軍に発見されたTombstone分隊達が襲撃から逃げる様子が描かれていた。
  • ロシア将校から入手した情報を手にワスプ級の航空母艦“USS Valkyrie”へと帰還したTombstone分隊は、中国海軍の軍官Changが中国国内でクーデターを計画し、これにロシアが背後から協力していることを知る。
  • 中国国内は、平和を掲げる将来の中国におけるリーダーとして期待されていたJin Jieの暗殺にアメリカが関与していたことから、抗議する民衆と警察の衝突など、大きな騒乱が巻き起こっている。
  • 無数の民間人と共にTombstone分隊がUSS Valkyrieへと帰還。通信が途絶えた状況のなか、USS ValkyrieはUSS Titanとアメリカ海軍の第7艦隊と合流するためにシンガポールへと向かうが、USS Valkyrieはそこで沈む旗艦と、壊滅する第7艦隊を目の当たりにする。
バトルフィールド 4:公式”Angry Sea”SPゲームプレイビデオ

PC版の動作環境

無題
■推奨スペック
OS: Windows 8 – 64bit
CPU: AMDの6コアもしくはインテルの4コア
メモリー: 8GB
グラフィックボード: Radeon HD 7870もしくはGeForce GTX 660
グラフィックスメモリー: 3GB
HDD: 30GB

■必須スペック
OS: Windows Vista SP2 -32bit
CPU: AMDのAthlon X2 2.8GHzもしくはインテルのCore 2 Duo 2.4GHz
メモリー: 4GB
グラフィックボード: Radeon HD 3870もしくはGeForce 8800 GT
グラフィックスメモリー: 512MB
HDD: 30GB


その他、興味深いマルチプレイヤープレイ映像

img8580_01
Battlefield 4 – AC-130
Battlefield 4 – AH-1Z
Battlefield 4 – ヘリ戦闘
Battlefield 4 – 海上戦闘
Battlefield 4 – 戦車戦闘

情報まとめ参考URL: http://doope.jp/tag/battlefield/

バトルフィールド 4
バトルフィールド 4
posted with amazlet at 13.10.07
エレクトロニック・アーツ (2014-02-22)
売り上げランキング: 97
バトルフィールド 4 予約特典:China Rising拡張パック付[オンラインコード] [ダウンロード]
エレクトロニック・アーツ (2013-10-31)
売り上げランキング: 11
バトルフィールド 4 初回特典:China Rising拡張パックDLC
エレクトロニック・アーツ (2013-10-31)
売り上げランキング: 120