「人」と「モノ」のボーイ・ミーツ・ガール『BEATLESS』の感想

『BEATLESS』の紹介とレビューです。
ネタバレはありません

作品情報

人間と人智を超えた《モノ》との未来を賭けた選択の物語

今から一〇〇年後の未来。
社会のほとんどをhIEと呼ばれる人型ロボットに任せた世界。
人類の知恵を超えた超高度AIが登場し、人類の技術をはるかに凌駕した物質「人類未到産物」が生まれ始めた。

黒い棺桶のようなデバイスを持つレイシア。
彼女こそが人類の理解を超えた超高度AIによって作り出された「人類未到産物」だった。

17歳の少年、遠藤アラトはレイシアと出会う。
人間がもてあます進化を遂げた人間そっくりの“モノ”を目の前にし、
アラトは戸惑い、疑い、翻弄され、そしてある選択を迫られる。
信じるのか、信じないのか――。

「ヒト」と「モノ」のボーイ・ミーツ・ガール。
彼女たちはなぜ生まれたのか。
彼女たちの存在と人間の存在意義が問われる。
そして、17歳の少年は決断する――。

どんな作品か

人知を超えた超高度AIが生まれ、hIEと呼ばれる人型ロボットが社会に無くてはならない存在となった未来。17歳のごく普通な少年であるアラトは、ある時偶然に美しいhIE・レイシアと出会いオーナーとなってしまう。

そこから彼と彼の周り、さらには世界をも巻き込んだ騒動に発展していき……という作品。

はじめはredjuiceさんという、自分の好きなイラストレーターが参加していたので興味を持った作品だったのだけど、ニュータイプでの連載を読んでみたらこれがものすっごい面白かったわけ。

著者にTwitterで突撃をかまし、ちゃっかり返信を貰っちゃうほど迷惑な奴にさせてくれた作品。

まず設定からして内容にも興味がそそられる要素が満載。ロボ系のSF好きだったらまず食いつくんじゃないかな。

  • 技術によって生活のほとんどが自動化されたユビキタスネットワークな世界
  • 人類の知性を超えて進化した、世界に39基だけ存在する超高度AI
  • 人類の理解を上回る技術で作られた「人類未到産物」の存在

どうよこれ?もう食いつくしか無いでしょう!

感想

生活が自動化され、必要なことは全て機械が補ってしまえる世界。そんな世界を便利だと感じ満喫するものもいれば、それは機械に人類が飼われているのだと、嫌悪するものもいる。

人類未到の産物であったレイシアと、彼女の姉妹機たち。そして生活の自動化した社会が抱える歪み。様々な出来事、困難に遭遇しながら考えさせられる「ヒト」と「モノ」の関係。物語の結末にアラトがたどり着く選択とは――。

単なるヒトとモノのボーイ・ミーツ・ガールには収まらず、ガチガチのSF小説でした。現実問題として引き起こりうる問題や歪みが描かれていたりと、読後にじっくり考えさせられることばかりだった。

重厚な物語から受け取る、強い作品のメッセージ。面白さと読み応えはバッチリで、自分としては満点でオススメしたい作品でした。

特集

Posted by もん