PC版Bloodborneの噂が有力情報源から複数報告

2020.06.12News

PCとPS5向けのリマスター版の噂

PS4『Bloodborne』は発売当時からPC版を望む声が多かった。

公式発表は当時と変わらず未だ無いが、にわかに複数の有力な発信者が信憑性を主張し始めており、PC版の発表が近いと界隈が盛り上がりを見せている。あくまでも噂に過ぎない情報だが、報じられる内容によればリマスター版としての登場が近いようだ。

フロムソフトウェアが2015年3月にPS4向けに発売したBloodborneのPC版が近々発表されるとの噂が相次いでいる。この手の噂は匿名掲示板をはじめあらゆる時節に流布されるものだが、有力な情報源も最近になり噂を報告しはじめたため、PC GamerDSOGなど大手メディアも相次いで実現可能性が高まっていると報じている。

延期されたPS5イベントでの発表?

PC Gamerによれば、Bloodborneのリマスター版がPS5とPC向けに発表される可能性が高まっているという。

海外配信者のCaseyExplosionはTwitterにて、6月5日に開催が予定されたが開催延期となったPS5のタイトルラインナップイベントにてBloodborneの移植が発表される予定であったと報告している。CaseyExplosionはこの情報を懸賞金付きで募集し、信頼できる情報提供者から入手したと伝えている。

またゲーム業界のインサイダーとして知られるImran Khanもこの噂について仄めかしている。

PC Gaming Inquisitionは噂に関連した動画を公開し、動画内でリマスターを担当するのは『ワンダと巨像』のリメイクを担当したBluepoint GamesとQLOCであると主張している。この情報についてPC Gaming Inquisitionは裏付けを行えなかったと補足しているものの、CaseyExplosionはQLOCがプロジェクトに取り組んでいることを確認したと伝えている。

答えはソニーが再スケジュールしたイベントにて判明する。

追記:

6月12日に開催されたイベントにて、Demon’s Soulsのリマスター版がPlayStation 5向けに発表された。PS5イベントということもあり、PC版に関する言及はなかった。

リマスター版の制作はJAPAN StudioとBluepointが手掛けることが明かされており、PC Gamerではフロム・ソフトウェアのものであった場合よりもややPC版の可能性が遠のいたと推測している。ただ、Horizon: Zero Dawnの例もあり、やっぱり分からないようだ。

噂の中で有力な発信者であったCaseyExplosionはTwitterにて、Bloodborneのリマスター版が製作中であることに未だ疑いは無いものの、PS5イベントにてPC版が発表されるとの情報は明らかに間違っていたと謝罪している。

News

Posted by もん