EGSよりも1ヵ月遅いSteam発売を大勢が待っていた

News,EpicGamesStore

専売期間が切れる時期が分かっている場合、あなたはそれを待つだろうか、それともゲームをプレイすることを優先するだろうか。

Epic Games StoreとSteamはお互いがユーザーにとって最良のプラットフォームであろうと競い合っているが、現状ではまだまだ古参のSteamが優勢であるようだ。

Steamのために専売終了を待つ人々

デジタルゲーム市場に関する調査の2019年12月版が調査会社SuperDataによって公開されている。この調査によれば人々はまだまだプラットフォームに対する忠誠心によって、多少ゲームを購入する時期が後ろにずれ込むことを許容できるようだ。

Rockstarの新作『Red Dead Redemption 2』の売上は11月の406,000本に対して、12月は1,000,000本と倍増した。11月はEpic Games StoreやRockstar Games Launcherなどの独占期間であり、1か月後の12月にはSteamでの販売が解禁となっていた。

SuperDataはこの売り上げの倍増を、人々が1ヵ月という短期間の専売期間であれば、より好みのプラットフォームでプレイするために待機していたためだとみている。