PC版『モンスターハンター:ワールド』の日本語版が正式発表

もん

日本語版が正式発表

PC版『モンスターハンター:ワールド』の日本語版が発表された。

カプコンは7月10日、SteamにてPC版『モンスターハンター:ワールド』(MONSTER HUNTER:WORLD)を2018年8月10日に配信することを発表した。本日より予約販売が開始される。

Steamでは既にストアページも開設されており通常版が5,990円、デジタルデラックス版が7,041円で販売されている。北米版の価格と比べるとやや割安で、日本版が高くなりがちな昨今としては珍しい価格設定と言える。

長らく日本語版の発表が無く、対応言語などに不安のあった本作だが、現時点でストア上でUI/音声/字幕の全てが日本語に対応していることが分かっている。

なお推奨スペックのGTX 1060環境では高画質設定により1080p/30fpsでの動作となる。それ以上のスペック時にて最高設定時には2160p(4K)/60fpsでの動作となる。最大fpsについての記述は発見できなかった。