大半のプレイヤーはCall of Dutyキャンペーンを半分もプレイしていない

もん

大半がキャンペーンを遊んでいない

Call of Dutyシリーズのキャンペーンは大半が遊ばれていないようだ。

正式発表されたシリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 4』では、既にシングルキャンペーンが廃止される代わりにバトルロロワイヤルが実装されることが噂されているが、それを裏付けるような統計情報が発表された。

Call of Dutyストーリー進行率平均 – TrueAchievements

TrueAchievementsによれば、Xboxコミュニティ全体のキャンペーンクリアに関する実績解除率の平均を割り出したところ、多くのプレイヤーが達成率50%以下でゲームを終了していることが分かった。調査の対象となったのはゲームプレイが確認されたプレイヤーに限られている。

殆どのシリーズ作品では平均で30%に達するかという進捗率に留まっているが、Modern Warfare系列は進捗が良い傾向にあり、特にModern Warfare 3は35.91%と好成績。反対にBlack Ops 3は4%となっている。昨年の新作World War IIは29%。

ライバル作品の統計情報

シリーズ別シングル進捗率 – TrueAchievements

なおライバル作品についても同様に調査されており、Call of Duty全体平均の22%に対してBattlefieldは28%となっている。BioShockが40%、Mass Effectは50%となっており、マルチプレイヤー重視の作品についてシングルプレイを満喫するプレイヤーが少ないことが見てとれる。

この統計を見ると前述した最新作でシングルキャンペーンが搭載されないという噂について、Activisionはさほど危険な賭けを行っているわけではないのかもしれない。