上位0.5%が全体の売上50%、Steamの2017年統計記録

もん

華々しいSteam市場とインディーの苦境

PUBGや中国勢の台頭が目立った2017年のSteam市場について、統計的なレポートが公開された。

Steam統計サービスSteam Spyは、2018年2月時点での収集データを用いたSteam統計情報のレポートを公開している。この収集データはSteam公式ではないためあくまでも参考値であることに留意したい。

Steamの収益は過去最高

Steamの売上 – Steam Spy

2017年にSteamは売上43億ドルを達成した。前年の35億ドルからさらに成長したことが分かる。この数字にはF2Pタイトルやゲーム内課金、DLCが含まれておらず実際にはさらに売上は増加している。

ゲームの発売数も過去最高であり、現在Steamでは21,406作品が販売されているが2017年に発売されたのはそのうち7,696作品である。

プレイヤー数も過去最高

少なくとも2017年に1度でもゲームをプレイしたユーザー数は2億9千万人。このうち2017年に新規登録されたのは22%。新たなユーザーを増やしながら定着もさせていることが見て取れる。

また、新規プレイヤーの分布は中国やフィリピンを始めに発展途上国からの流入が増加し大部分を占めているという。

使用言語の割合 – Steam Spy

Steamの統計情報によれば中国語圏のユーザーが全体の64%。英語圏は18%と既に中国がSteamにとって大きな影響力を持っていることが分かる。Steamは香港でのみ運営されており、正式には中国ではサービスを行っていないが、この記録となっている。

上位0.5%が売上の50%を占める

上位100作品が全体の50%の売上を達成 – Steam Spy

Steamの上位20作品リスト – Steam Spy

活況さを見せるSteam市場だが、その実態は勝者総取りと言えるものとなっている。

上位100作品、全体の0.5%の作品の売上が全体の50%を占めている。

販売数と価格の低下

メジャータイトルとなれなかった作品は例年よりも売れにくくなってきている。年間の発売タイトル数が増え続けているのだから当たり前だが、インディーデベロッパーには淘汰の時期が訪れている。

Steamのゲーム全体の所有者数の中央値は9,500人。そしてインディー作品に限定すると5,000人。さらに2017年に発売したインディー作品に限定すると1,500人となっている。3年前は中央値は3,200人であった。

販売価格の中央値 – Steam Spy

ゲームの中央値価格はSteam全体で5.99ドル。インディー作品の中央値は3.99ドル。2017年発売のインディー作品の中央値は2.99ドル。限りなく安くコスト競争は激化している。

2014年に「我々のゲームを全て購入してくれてもコーヒーすら買えない」とデベロッパーは悲鳴を上げていたが、そこから状況はさらに悪くなっていっているようだ。

2017年発売のゲームの価格の分布図を見ると、9.99ドルが最も多い。

しかし売り上げを最も記録しているのは29.99ドルを中心とした高価格作品となっている。

販売価格別の売上割合 – Steam Spy