従業員に自社製品をレビューするよう求めたパブリッシャー作品がすべて撤去処分に

もん

従業員へレビューを求めたパブリッシャーを処分

レビュースコアを操作したパブリッシャー作品がストアから削除された。

Steamを運営するValveは、従業員に対し自社製品を購入しレビューすることを求めていたパブリッシャー、Insel Gamesの作品を全てストア上から撤去したことを明かした。

PC Gamerによれば、Insel GamesはハックアンドスラッシュMMO『Wild Buster: Heroes of Titan』について、自社社員に対してゲームを購入し肯定的なレビューをするよう促していたことが発覚した後、ValveによってSteamから撤去処分となった。

発覚の経緯は、海外フォーラムにてInsel GamesのCEOから昨年12月中旬に社内向けに送信されたメール内容が暴露されたことに起因している。メール中には当時Wild Busterに対するSteamでのレビュー件数が6件であり、Insel Gamesの従業員数を下回っていることを指摘していた。

率直に言って、かなり残念に思う。

もちろん私はレビューすることを強制はできない。ただレビューが持つ重要性を見誤れば、最終的にその犠牲は仕事に対してやって来るだろう。Wild Busterが失敗すれば、Inselが失敗し、私たちは来年の仕事を失うことになるだろう。

Reddit

メールでは続けて従業員に対してゲームを購入し、その領収書を期日までに掲示することを求めていた。この投稿が話題になると直ちに調査が開始され、Valveは声明を発表した。

「パブリッシャーは、複数のSteamアカウントを利用して自身のゲームに肯定的なレビューを投稿しているようだ。これは明確な我々のレビューポリシーに違反する行為であり、対策に取り組む」とValveは発表。その後にValveはInsel Gamesとのビジネスを終了し、全ての作品をストアから撤去したことを伝えている。

Insel Gamesは当該投稿に含まれていたメール内容が事実であることを認めているが、不正なレビュースコアの操作を目的としたものではなかったと説明している。当該のメールは従業員の家族や友人にゲームを宣伝し、支持者を集めレビュー数を促進することを目的としていたとのこと。

Read Next...