Electronic Artsの株価が過去最高額を更新、『Star Wars Battlefront II』の炎上を乗り越える

もん

EAの決算が良好

Electronic Artsの株価が過去最高額を更新した。

昨年末に新作『Star Wars Battlefront II』が炎上騒動となったことで、時価総額31億ドルにもなる大幅な株価の下落を経験したElectronic Artsだが、既に株価はそのダメージを回復している。

Electronic Artsの株価推移 – Google

過剰な課金要素の搭載を批判されたStar Wars Battlefront IIの騒動によって、同社の株価は一時8.5%の下落を記録していたものの、直近の決算を受けて株価は過去最高となる131ドルを瞬間的には記録した。

GI.bizによれば株価高騰は、Electronic Artsの2017年度Q3の売上高が11億6,000万ドルを記録し、今年度期間の利益が10億1,500万ドルと予測されたためだという。

Electronic ArtsはFIFAやMadden、NHLといった巨大なスポーツタイトルを有しており、直近ではワールドカップなどのイベントによる収益増も見込まれるなど、底堅いラインナップが特徴。

直近の株価下落の引き金となったStar Wars Battlefront IIについても、調整が行われた課金要素の再実装見通しが投資家からは支持されており、長期的な収益については前向きな織り込みがなされているようだ。

Read Next...