Wired

トランプ大統領:ノルウェーにCall of Dutyに登場する架空戦闘機を売却と発表

もん

CoDオリジナル戦闘機がノルウェーに納入?

トランプ大統領がゲームに登場する架空の戦闘機をノルウェーに納入したと発表した。

アメリカのトランプ大統領(Donald Trump)は10日、ノルウェーのソルベルグ首相(Erna Solberg)との会談後に開いた記者会見にて、「F-52戦闘機とF-35戦闘機をノルウェーに納入を開始」と発表した。The Washington Postが報じている。

F-35戦闘機、2017年撮影 – U.S. Air Forceが撮影

しかしF-52戦闘機はゲームの中にしか存在しない架空の戦闘機だ。登場するのは『Call of Duty: Advanced Warfare』だ。PC Gamerは「ゲーマーの心の中にのみ存在する」と伝えている。

産経ニュースは今回の騒動について、「F-35戦闘機を52機」という内容の原稿を読み間違えた可能性を指摘している。

ホワイトハウス報道官のサラ・ハッカビー・サンダース(Sarah Huckabee Sanders)は、今回の騒動及びトランプ大統領がCall of Dutyのファンなのかとの質問には回答しなかった。

余談だがF-52戦闘機のスペックなどはCall of Dutyシリーズのwikiにて確認できる。

Read Next...