吹雪が世界を覆う終末世界を舞台としたサバイバルゲーム『Fade to Silence』発表

もん

吹雪が世界を覆う終末世界

THQ Nordicが新作『Fade to Silence』を発表した。

“The Game Awards 2017″にて、THQ NordicはSteam向けに『Fade to Silence』を発表した。早期アクセスとして12月14日より発売が開始される。

Fade to Silenceは吹雪が世界を覆う終末世界を舞台としたサバイバルゲームで、プレイヤーは過酷な環境の中で生き抜くために資源を求めつつ世界を探索することとなる。

本作では氷点下の過酷な寒さが最大の脅威として描かれるものの、トレイラーなどではモンスターの存在などが確認できる。

Eurogamerによればダイナミックな天候システム、サバイバルゲームでお馴染みのクラフティングやスカベンジャー要素が実装されており、拠点構築や他の生き残りの人々との接し方についても考える必要がある内容になるとのこと。

ゲームの開発はBlack Forest Gamesが担当。今後の対応プラットフォームとしてはPCの他にPlayStation 4/Xbox Oneがアナウンスされている。

作品の特徴

広大な雪の世界を探索: ローンチバージョンでは三角州、密林、そして耕作地を探索できます。

狼の引くソリで長期の遠征: ソリに物資を積み込み、味方を1人連れて最奥の地まで長い探索の旅にでかけましょう。

戦闘システム: 性能が数段階ある武器系統と、近距離・遠距離の戦闘システムがあります。

倫理に関わる選択: 様々なNPCを救出し、グループに勧誘することが可能ですが、どのNPCを連れ帰り、どのNPCを置き去りにするかという厳しい決断を迫られます。

モンスターとの戦闘: 荒廃した世界を不気味なモンスターがさまよい、ゲームが進むにつれ強力になっていきます。

内なる声を信用しましょう。あなたの味方です。

doope

Read Next...