『Star Wars Battlefront II』の炎上によってElectronic Artsの時価総額が31億ドル低下

同社の今後は判断が分かれるところ。

31億ドルの損失

『Star Wars Battlefront II』の一連の騒動は株価にも多大な影響を与えている。

VG247によれば、Electronic Artsの株価は8.5%の下落を11月28日までに記録している。これは株主にとって時価総額で31億ドルの損失が発生したことを意味している。

EA株価 – 週足2017/11/23時点

この下落の主たる要因は、発売を迎えたばかりの『Star Wars Battlefront II』に実装されたゲーム内課金が炎上騒動に発展したことと、それに関連してブラックフライデーでの売上を不安視しての売りが発生したことも要因とされている。

しかしながらElectronic Artsは投資家向けに今年度収益への大きな影響はないと説明しており、株価の落ち込みは市場の「過剰反応」とする意見もあり判断が分かれる形だ。