プロゲーマーに『Call of Duty: WWII』のプレイを代行してもらえるサービスが開始

恐らくアウト。

プロゲーマーに依頼して戦績アップなサービス

戦績を盛りたい人のためのプロゲーマー雇用サービスが注目を集めている。

『Call of Duty: WWII』で友達とキルレートの話をしたことはある?そんな時に冴えない数字だったりして言いよどんだ経験は?でもこれからは大丈夫、プロゲーマーを雇ってあなたの成績は大きく改善させることが可能になった。

1時間約20ドルで雇えるんだとか

IGNによればイギリスの企業Bidvineが提供を開始したサービスでは、本来のユーザーに代わって1時間あたり20ドルで雇用した”プロゲーマー”にプレイを代行してもらえるそうだ。代行で実現できるのはキルデス比率の改善やレベリング、アンロックの進行など。

Bidvineはこのようなサービスを提供する初の企業だと主張しており、雇えるプロゲーマーには事前に身分証の掲示と能力の証明をさせているとのこと。

Bidvineは公式ブログにてCall of Duty: WWIIのプロプレイヤー募集を告知しており、CEOを務めるRuss Morganによれば既に何名もの登録者が集まっているとのこと。「ゲームのプロフェッショナルはここ数年増加しており、数戦もの時間を浪費してしまうゲーマーを助けることが出来る」と語っている。

なお既に察しているとおり、このサービスは大変グレーだ。というより恐らくアウトだろう。Call of Duty: WWIIに関してパブリッシャーのActivisionが定める規約によれば、プレイ代行による諸々はブースティング行為やアカウントの共有などに抵触する可能性がある。

きっとこのサービスには多くの困難が付きまとうだろう。