“Hitman”シリーズのテレビシリーズ化が発表

映画”ジョン・ウィック”シリーズのスタッフが参加。

ヒットマンがHuluで映像化

“Hitman”シリーズの新たな映像化が行われる。

IO Interactiveが手掛ける人気ステルスアクション”Hitman”シリーズが、新たにテレビシリーズとして製作されることが明らかとなっている。

Deadlineの報道によれば、HuluとFox 21が共同で製作を行うことに合意しており、パイロット版の脚本はDerek Kolstadが担当することが決定している。

Kolstadは映画”ジョン・ウィック”シリーズの脚本とキャラクター原案を行った人物として知られる人物。

現在のところ判明している製作陣として、エグゼクティブプロデューサーにKolstadとAdrian AskariehとChuck Gordon。監修にFox 21からBert SalkeとJane FrancisとGloria FanとKira Innes、HuluからJordan Helmanが参加とのこと。

今回のテレビシリーズはお試しのようなシリーズではなく、本格的なフラグシップとなるシリーズに成長することを期待しているとのことで、かなり熱の入った作品となることが期待できそうだ。