手紙で”想い”を繋げるアドベンチャーゲーム『From_.』

作者がフリーゲームで体験した感動が制作のきっかけだという。

あなたは手紙に、どんな想いをのせますか?

日本のインディーデベロッパーなかじまは11月11日、手紙をテーマにしたアドベンチャーゲーム『From_.(フロム)』を公開した。プレイヤーは郵便屋として手紙を届けるうち、人々を繋ぐそれぞれの想いを知っていく。

From_.はドット絵で世界を表現した横スクロールアドベンチャーゲーム。全てが水に囲まれた世界を舞台に、主人公の郵便屋さんが届ける手紙が、若い男女や家族たちを繋いでいくという。

作者のなかじまが「ずっと作りたかったアドベンチャーゲーム」と語る本作。自身が学生の頃に熱中したフリーゲームの実況動画が与えてくれたストーリーや音楽による感動から、自分自身が作ったゲームでもそのような実況をしてもらいたいと願って制作を始めたとのこと。

ここは、水に囲まれた世界「水の国」。
その国で働く郵便屋さんは、今日も人々に手紙を届けます。
ある日を境に、自分についてくる「とんでもないもの」。そして、人々の間で流れる不穏なうわさ。

手紙を届けることで繋がるそれぞれの「想い」によって、彼はある事実を知っていくのです。

プレスリリース

ゲームの音楽面では椎葉大翼が担当しており、ピアノの生演奏を録音したものを使用している。楽曲はトレイラーや作者ページから確認することが出来る。

対応プラットフォームは現在iPhone/Androidのみとなっているが、2018年内にはPC版の発売も予定している。対応言語には日本語があり、今後のアップデートで英語にも対応する予定。価格は360円となっている。

現在のところゲームの感想には「ほんとに大切なことを教えてくれるような作品でした」や「荒んだ心に、心地よい台詞と心地よいピアノの音が染み渡ります」などがある。