『Spec Ops: The Line』を「また作るならガラスの破片を食べることを選ぶ」、脚本家が振り返る

人の狂気を描いた作品は開発チームにも強く影響を与えたようだ。

ガラスの破片を食べたほうがまし

Yager Developmentが生んだ傑作『Spec Ops: The Line』の続編は厳しい。

2012年に発売された三人称視点シューティングのSpec Ops: The Lineは、人の狂気を描くシナリオがユーザーに衝撃を与え、今なお根強いカルト的人気の地位を築いている。

そんな本作について、あるユーザーがTwitter上で続編が作られない理由を脚本を担当したWalt Williamsに尋ねたところ、「残酷で痛みを伴う開発であったからだ」と答えている。

それは残酷で、痛みを伴う開発だった。作品に関わった者たちは、また作品を作るならばガラスの破片を食べることを選ぶだろう。それに、売れなかったという理由もある。

Twitter

Williamsはこの回答について「売れなかった」には、誇張表現が含まれていると補足している。ただ、発売当時にパブリッシャーの2Kは販売が予想よりも低調であることを認めており、少なくとも販売不振が理由の一部であることは確かなようだ。

いずれにせよ、既にSpec Ops: The Lineをプレイしたことのあるユーザーからは「また作品を作るならばガラスの破片を食べることを選ぶ」という表現に納得している声も挙がっており、これからもカルト的人気のシナリオを持ったゲームとして君臨するだろうことがうかがえる。