日本AMDの公式Twitterアカウントが開設、以前の物は社員が非公式に運営していたと判明

以前のアカウントはAMD社員が非公式に運営していた。

日本AMDがTwitterアカウントを開設

日本AMDが正式なTwitterアカウントを開設。

先日、前触れなく以前のアカウント(@JapanAmd)が削除され物議をかもしていた日本AMDだが、以前のアカウントはAMD社員が非公式に運営していたアカウントだったようだ。

正式な日本AMDのTwitterアカウントは@AMDJapanとのこと。

非公式に個人情報を集積?

以前のアカウントでは連絡先がなぜかAMDが所有するドメインではなく、別名義によるドメインであったことから様々な憶測が流れていたが、現在のところ連絡先として公開されているものは自社ドメインのamd.comとなっている。

ただ以前のアカウントが非公式の物であるとすると、心配になるのが『Ryzen Threadripper』の返金措置に関する個人情報の収集だ。大々的に非公式のアカウントが購入者から氏名や住所を含む個人情報を募集していたことになる。

この点については一般ユーザーからも指摘されているが、日本AMDから何らかのアナウンスがあるのか見守る必要がありそうだ。