Discordが白人至上主義系のオルタナ右翼サーバーを閉鎖

AltRight.comのグループサーバーが閉鎖となった。

オルタナ右翼系サーバーの閉鎖を決定

チャットソフトウェア”Discord”がヘイト団体の締め出しを決定した。

Discordは、先週バージニア州シャーロッツビルで発生した白人至上主義者集会での騒動を受けて、6月よりオルタナ右翼系ウェブサイトAltRight.comで開始されていたグループサーバーの閉鎖を決定した。

この決定に関連して、シャーロッツビルでの騒動を支持していたアカウントやAltRight.comに関係するサーバーも閉鎖の対象となっているようだ。

今後もヘイト活動には厳しく対応

そしてDiscordのCEOを務めるJason Citronは声明を発表した。

Discordはゲームを愛する人々を結び付けるために生まれたものであり、我々の使命はその喜びを分かち合うコミュニティを繋いでいくことだ。我々は白人至上主義、ネオナチ、それらの信念に基づくグループや言葉、イデオロギーを明確に非難し、Discordに歓迎しない。

Polygon

CitronはDiscordではプライベートサーバーでの投稿はチェックしていないが、利用規約で明示的にハラスメントなどヘイト行為を禁止しており、そのような活動が認められた場合はサーバーやアカウントの閉鎖を迅速に行うと伝えている。

Discordは今後も同様の対策に力を入れていくとしているが、過去にもDiscord上の著名なチャンネルCentipede Centralにて反トランプ活動を行っている人物の名簿リストが共有される事件が発生するなど、対応への難しさも語られた。