ネクソンの新作FPS『LawBreakers』はピーク同時接続人数3,000人と低調な出だし

βテストから右肩下がりでプレイヤー数が減少している。

LawBreakersは低調なスタート

新作FPSゲーム『LawBreakers』の立ち上がりが不調だ。

8月8日に正式サービスの開始されたLawBreakersは、Boss Key Productionsが開発を手掛けネクソンが提供元のタイトル。対応プラットフォームはPCとPlayStation 4で価格は29.99ドル。

同時接続人数 – GitHype

しかしVG247によれば少なくともPC版のローンチの結果については心配せざるを得ないとのこと。6月に行われたβでは同時接続人数が約7,500人であったが、1か月後に行われたβでは約4,500人に減少。

正式サービスの開始となった現在、ピーク時で同時接続人数は3,000人となっている。時系列上で右肩下がりでピーク人数が減少していることが分かる。

LawBreakersは当初F2Pを期待された作品ではあるが、F2P化を行ったところで人気の低迷したタイトルが復活を遂げた例はあまりに少ない。推移に注目が必要だ。