「PC市場は非常に重要」としつつもPC版『Red Dead Redemption 2』の言及は避けられる

「PCゲーム市場を切り捨てる理由がない」と楽観的なメディアも。

RDR2のPC版の可能性はあるのか

PC市場の重要性を強調しつつも、PC版『Red Dead Redemption 2』の可能性についてパブリッシャーは言及を避けている。

Take-TwoとRockstar Gamesは昨年10月に新作『Red Dead Redemption 2』を発表した。

現在のところ本作はコンソールにのみ対応しており、PCには対応していない。しかし同社のGrand Theft Auto Vがマルチプラットフォームで成し遂げたような成功を、PCで再現することを望んでやまない声が多くあるのも事実だ。

VG247が直近の収支報告に続いて得た質問の機会にてTake-Twoにとって主要タイトルから見たPCの位置づけを尋ねたところ、プレジデントを務めるKarl Slatoffは作品タイトルによってそれらは異なるとの回答を行ったことが伝えられている。

PC市場は我々にとって活気にあふれた市場で、とても巨大な市場だ。消費者からの関心も非常に高い市場といえる。企業として、PC市場は非常に重要で注目に値するものだ。

VG247

しかしながら、新作Red Dead Redemption 2についてPC版発売の可能性についてはCEOのStrauss Zelnickは「我々の作品に関する情報は、我々のレーベルから全て発表されるだろう」とのみ語り、言及を避けた。

6月頃にはGrand Theft Auto Vで高い支持を得ていたMODを、事前に語られていたRockstar Gamesの干渉しないスタンスを翻して配信停止を求めるなどPCゲーマーと企業の間の摩擦を感じさせる話題もあった。

しかし依然として現在のゲーム企業がことさらPCゲーム市場を切り捨てる理由がないことから、PC Gamerなど大手メディアではPC版Red Dead Redemption 2の可能性については楽観的なようだ。

PlayStation 4/Xbox One向けのRed Dead Redemption 2は2018年春に発売予定。