『METAL GEAR SURVIVE』の発売日が2018年に延期

新たな発売スケジュールは2018年中。

小島監督退社後初のメタルギア

KONAMIの新作『METAL GEAR SURVIVE』の発売日が延期となった。

ゾンビ系サバイバルゲームへと大胆に方針を変更してKONAMIが開発中の”メタルギア”シリーズ新作『METAL GEAR SURVIVE』は当初2017年中のリリースを計画していたが延期となった。

DualShockersによれば発売延期の理由はゲームの品質をさらに高めるためであり、数か月のスケジュール見直しが必要となったことが理由だという。

METAL GEAR SURVIVEは生みの親である小島秀夫氏が2015年後半にKONAMIを退社して以降、初となるメタルギア作品。

KONAMIは本作について「真に魅力的なマルチプレイヤー体験のために設計されたユニークなゲーム設定」と伝えており、様々な意味で注目に値するタイトルとなっている。