『Battlefield 1』で身につけた知識でテストに回答しバツをもらった人が話題

「ランドシップ歩兵支援戦車」は実はBF1でしか通用しない。

ゲームの知識でドヤ顔をするべきではない

ゲームで覚えた知識を実際の社会で得意げに披露するべきではない、という好例が話題となっている。

話題となっているのはTwitterユーザーの@saboinu_2828が投稿した歴史のテストへの回答だ。

第一次世界大戦で初めて投入された新型兵器の名前を答えるという設問に対して、@saboinu_2828は「ランドシップ歩兵支援戦車」と回答したが「戦車」と直された上でバツとされたという内容だ。

BF1の造語と気付かず失点

勘のいいゲーマーであればすぐに気が付くことだろうが、実はこのランドシップ歩兵支援戦車という名前はゲーム『Battlefield 1』に登場する兵器の名称だ。そう、@saboinu_2828はBattlefield 1プレイヤーである。

しかしながら史実においてランドシップ歩兵支援戦車という名前を与えられた兵器は存在しない。これはあくまでもBattlefield 1作品世界内だけの呼称であり、平気としての正しい名前はマークI戦車だ。

正直、この菱型戦車の型名ごとの違いは素人には分かるはずもないが、この投稿が広まるや否や直ちにインターネット上の優しい人たちが「ランドシップはBF1の名前で本当はMark1雌型です。上からグレネードが投げ込まれないようにネットが張ってあるのが特徴ですね」や「そんな呼び方をするな!ベスが可哀想だろ!」などと声を張り上げる光景が確認できた。

こんなことを言うと論点を取り違えているなどと批判されてしまいそうだが、Battlefield 1の発表直後に巻き起こった批判騒動を思い出す。

その批判では「ゲームが人々の歴史認識を変えてしまう」という内容が語られていた。

正しい事実を知らないままに史実を舞台とした作品をプレイすることで、作品上の都合で史実から変更された部分に気が付かず、歴史への認識が歪んでしまうという物だ。このような例を実際に目撃すると、あながち絵空事と笑い飛ばすことは出来ないのかもしれない、などと感慨深い。