『Call of Duty: WWII』のマルチプレイヤー人数が最大48人から18人に大幅な表記変更

48人は「ヘッドクォーター」モード限定の数字との予想が強い。

CoD:WW2のマルチ最大人数の表記が変更

『Call of Duty: WWII』のマルチプレイヤー人数が大幅に変更となった。

本作が正式に発表され、予約販売がMicrosoftストアなど各所で開始された直後の時点ではオンライン・マルチプレイヤー人数は「2~48人」との表記が行われていたが、現在その表記は修正されている。

記事執筆時点でのオンライン・マルチプレイヤー人数は「2~18人」に変更されている。

この変更について元々公開されていた48人の表記は、先行して公開されていた「ヘッドクォーター」モードというソーシャル要素での最大人数を表していたもので、対戦などのよりメインとなる要素の最大人数は18人であることの誤解を防ぐためではないかとフォーラムなどでは語られている。

それを裏付けるようにヘッドクォーターのトレイラーでは40名を超えるプレイヤーが活動している様子が確認できている。