中国の巨大企業TencentがPCゲームプラットフォームに本格進出、既にSteamを超える2億以上のユーザー数

TencentはRiotやEpicなどの親会社として知られる。

TencentがPCプラットフォームに本格進出

中国の巨大企業TencentがPCゲーム販売市場に乗り込んでくる。

VentureBeatによれば、既にTencentが展開しているデジタルストア「Tencent Games Platform」を”WeGame”と名称変更を行い、本格的なプラットフォームサービスとして世界向けに運用を開始するとのこと。

Niko Partnersでアナリストとして活動するDaniel Ahmadによれば、WeGameはTencentが運営するSteamのようなサービスとなるとのことで、Steamを運営するValveにとっては強力なライバルの出現となる。

Tencentは世界最大のゲーム会社として業界では名前が知られている。League of Legendsを開発したRiot GamesやEpic Games、Supercellの親会社であり、Activision Blizzardの大株主も務めていることから巨大さがうかがえるだろう。

既にSteamを凌ぐユーザー数

現行のTencent Games Platformは元々、F2P作品のプラットフォームとして設計されたプラットフォームだったが、今後は有償作品の取り扱いを開始していく予定とのこと。

Valveが築き上げたSteamは現在1億2,500万のアカウントを有する巨大プラットフォームだが、Tencent Games Platformは既に中国国内に2億以上のアカウントを有している。

今後の業界地図の変化に注目だ。