PC版『ベヨネッタ』の初週販売が10万本を突破

発売から1週間でベヨネッタは102,120本の販売を記録。

PC版ベヨネッタは初週10万本

4月11日より販売開始となったSteam版『ベヨネッタ』(Bayonetta)は売り上げ好調だ。

ベヨネッタはSEGAとプラチナゲームズが2009年に前世代機向けに発売して以降、長年PCゲーマーが移植を待望していただけに、ようやく発売されたPC版には多くのゲーマーが食らいついたようだ。

SteamSpyの統計情報によれば、発売から1週間でベヨネッタは102,120本の販売を記録している。DualShockersによれば昨日の最大同時プレイ人数は3,233人をマークしたという。

プラチナゲームズは「可能なら全ての作品をPC向けに移植したい」と語っており、開発環境は既にPCを含むクロスプラットフォームを前提としたものが整備されている状態。

ベヨネッタのPC移植も非常に評判が良く、価格も2,190円と非常にお買い得でオススメ。

PC市場への活動が成功と確認できれば今後よりPC向けの開発に注力することがプラチナゲームズのスポークスマンにより語られており、この動き出しならばPC市場への取り組みをより一層本格化することも現実味を帯びていると言えるはずだ。