『Star Wars Battlefront II』正式発表、前作と違いシングルキャンペーンを重視し正史扱いのストーリーを実装

ジェダイの帰還からフォースの覚醒までの空白の30年を描く。

Battlefront II正式発表

Electronic Artsは『Star Wars Battlefront II』を正式に発表した。

既に先週リークされた映像から予想されていたものの、”Star Wars Celebration 2017″にて正式にアナウンスされ、発売日やトレイラーのお披露目が行われた。

本作はスター・ウォーズシリーズのスピンオフを除く全時代を扱う最大40人でのマルチプレイヤーモードと、映画「エピソード6/ジェダイの帰還」後から「エピソード7/フォースの覚醒」前までの時系列(空白の30年間)を描くシングルプレイヤーモードを実装する。

4スタジオが開発に参加

前作ではマルチプレイヤーモードに主眼が置かれていたものの、今作ではシングルプレイヤーモードに重点を置き、シリーズの正史扱いの物語を描くという。

また本作はElectronic Arts傘下の4スタジオが開発に関わっており、かなり密度の高い開発体制となっている。参加スタジオはDICE、Motive Studios、LucasFilm、Criterion Games。

マルチプレイヤーモードを従来と同じくDICEが担当する。シングルプレイヤーモードはMotive StudiosとLucasFilmが担当する。宇宙空間での戦闘やビークルの開発はCriterion Gamesが担当する。

前作と違いシングルキャンペーンを重視

前作では大きな不満としてシングルプレイヤー要素の薄さが指摘されていたが、前述したように今作では大きく見直しが行われ、シングルプレイヤーモードは正史扱いのスター・ウォーズシリーズの中でも重要な立ち位置を担う要素になっている。

気になるシングルプレイヤーモードの脚本は、『Spec Ops: The Line』のリードライターとして知られるMotive StudiosのMitch Dyerが担当。開発にはMotive Studiosの代表に就任したAssassin’s Creedシリーズで知られるJade Raymondももちろん関わる。

主人公は帝国軍のエリート部隊インフェルノの指揮官で、スター・ウォーズ世界における帝国と反乱軍のそれぞれの立場の見え方を描き、帝国を単なる悪役として描くものではない予定だとディレクターのMark Thompsonは伝えている。

また、本作シングルキャンペーンは正史だけありノベライズの予定もすでに決定している。『Star Wars Battlefront II: Inferno Squad』として7月25日に発売予定。doopeによれば、内容はインフェルノの誕生にまつわる物語とのこと。

『Star Wars Battlefront II』はPC、PlayStation 4、Xbox One向けに11月17日発売予定。

ノベライズのカバーアート – doope