Google調査:若者にとってXboxはPlayStationよりも「信用でき頼りになる」ことが判明

クールな企業とは「何か素晴らしいことをしているか、魅力的な製品を販売」していること。

Googleの調査報告にて判明

Xboxの方がPlayStationよりも格好いいイメージを抱かれている。

Googleが依頼したティーンエイジャー向けの調査にて、XboxブランドがPlayStationよりも「クール」だと思われていることが判明した。ただ、ミレニアル世代ではPlayStationがクールだと考えていることもこの調査で判明した。

私が「クール」と聞いて想像する企業っていうのは、従業員や顧客に対して何か素晴らしいことをしているか、美しい魅力的な製品を販売していることが条件。
―女性、17歳、ユタ州

It’s Lit – a guide to what teens think is cool

若者の好きなブランドや好きなゲーム

公開された調査報告によれば、13-17歳のユーザーにとって「信用し頼りにしているブランド」ランキングの4位にはXboxがランクイン。PlayStationが7位にランクインしている。1位はYouTubeだった。

13-17歳に最も人気のゲームについても調査が行われ、1位からゼルダの伝説、CoD:BO、Grand Theft Auto、ポケモン、マインクラフト、CS:GOという順位となった。

任天堂については認知度は非常に高く、最も人気なゲームランキングに複数本が輩出されているものの「クール」な企業だとは思われていないことも判明した。

GameSpotによればこの調査はGoogleが若者に人気のブランドを探るために調査会社に依頼したもの。合計で3つの調査会社が参加し、約1,600人のティーンエイジャーと約800人のミレニアル世代が回答した。調査期間は2016年5月から7月となっている。

*ティーン: 13-17歳
*ミレニアル: 18-24歳