新作RTS『Total War: Warhammer II』が正式発表、PC向けに2017年末に発売予定

ファンタジー世界を舞台にしたWarHammer:Fantasy Battleの世界観に準拠。

Total War: Warhammer IIが正式発表

SEGAは新作RTS『Total War: Warhammer II』を正式に発表した。

Total War: Warhammer IIはPC向けに2017年末にリリース予定の作品で、”Total War: Warhammer”三部作の内の第2作目となる。この発表は先日公開されたカウントダウンサイトにて発表されたもの。

本作では新たにプレイアブルな4種族が追加される。ハイエルフ、ダークエルフ、リザードマン、残る一種族は現在のところ未公開となっている。

数百時間のキャンペーンも実装

知っての通りTotal War: Warhammerシリーズは、海外で圧倒的な人気を誇るRTSジャンルの主力級タイトルと、ファンタジー世界を舞台にしたWarHammer:Fantasy Battleがコラボしたシリーズ。

Total War: Warhammer IIでも当然、前作と同じくWarHammer:Fantasy Battleの世界観をベースにTotal WarスタイルのRTSゲームとして製作された作品となる。

SEGAと開発元のCreative Assemblyは「新たなスタイルのナラティブなキャンペーン」を実装すると伝えており、GameSpotによれば数数百時間のゲームプレイに耐えうる濃厚さとのこと。

また前作Total War: Warhammerと本作を所有している場合、Total War: Warhammer IIの発売直後から、両作に登場する種族を自由に使える複合キャンペーンマップを提供するとアナウンスも行われている。

『Total War: Warhammer II』はPC向けに2017年末までに発売予定。

前作Total War: Warhammerは公式に日本語には対応していないものの、つい先日には有志日本語化MODの制作が始まり、コミュニティは活気づいている状態だ。