テキサスのデベロッパが贈るサムライRPG『Tale of Ronin』

|

サムライの人間としての側面

Dead Mageは新作RPG『Tale of Ronin』を発表した。

アメリカのテキサスに拠点を構えるDead Mageが描くのは、日本にかつて存在したサムライの文化。浪人としてプレイヤーは混沌とした世界を自由に生き抜くことが出来るとのこと。

DualShockersによればTale of Roninでは、これまであまり描かれたことのなかったサムライの、人間としての内面性を描きたいのだという。

特徴:

  • 浪人として自由に生を全うするダイナミックな世界。
  • サムライと呼ばれた人々の内面性、戦いの最中に芽生える感情を描く。
  • 刀による戦いに特化したターンベースの戦闘。
  • 己が死んでも世界は続く。プレイヤーは死亡後、別の浪人として生まれ変わり、世界の続きを体験する。
  • 水墨画によるアートスタイル。
  • 現実と虚構の間を揺れ動く世界観。

『Tale of Ronin』はPlayStation 4/Xbox One/PC/Mac向けに発売予定。